人と地域を愛する、心ゆたかな人材を育成

教員紹介

    杉本 龍紀
    (Sugimoto Tatsunori)
役職・職階 学長・教授
所属 生活科学科 生活科学専攻
担当科目 経済学、地域の経済と産業、統計情報と社会、論文・レポート作成技法
専門分野の概要 主に日本の労働問題(雇われて働くことに関係する様々な事柄)、たまにロシア極東の労働・生活について
学位と業績
専門分野の詳細 入学を検討中の方へ一言 私の趣味

専門分野の詳細

この社会で生きるには、自分自身または家族が働かなければなりません。
企業などに雇われて働いていると、労働時間が長い、休暇が取りづらい、給料や昇進に不満がある、上司や同僚との関係がうまくいかないなどの仕事・働くことに関わる悩みや不満・不安を感じることが少なくありません。
仕事・働くことに関する問題状況を調べ、それらの「なぜ」を問い、そこにどんな意味や課題があるのかを探っています。

入学を検討中の方へ一言

高校での学び(学習)の柱は、幅広い分野の知識の獲得と他者(たとえば教員)から与えられた問題の解き方を身につけることにあります。
それに対して短期大学を含めた大学での学び(学修)の柱は、体系的で深い学問的知識を獲得し、それを用いて自分で問題・課題を見いだし、自分で答えを導き出せるよう、問題・課題の解決・改善する基礎的な能力・資質を得ることにあります。苦しくも楽しくもありますが、その力は一生ものです。

私の趣味

趣味とは言えませんが、様々な本を読みます。
小説や関心のある専門書以外の多くの本は、「見る」=斜めに飛ばし読みします。「世界を理解したい」という若い頃の野望の残骸が生み出す「年もとったし、残された時間でたくさん読まねば」という思いが、本を「見る」という愚行へと誘うのでしょう。
私が見聞きし経験できることは、この世界のひとかけらにも足りません。書物はその限界を突き破ってくれます。まだまだ愚行を続けます。

    山﨑 美枝
    (Yamazaki Mie)
役職・職階 生活科学科長・教授
所属 生活科学科 食物栄養専攻
担当科目 栄養指導論、給食実務演習、スポーツ栄養学
専門分野の概要 専門はスポーツ栄養、栄養教育・食育です。主にアスリートの栄養サポートについて研究や実践を行っています。
学位と業績

専門分野の詳細

オリンピックメダリストはじめトップアスリートは何を食べているのだろうか? 何を食べたら強くなれるのだろうか? 特に運動部に所属している高校生は興味があることでしょう。実はこれを食べたら勝てるという食べ物は存在しません。
スポーツ栄養学は選手が最大限の力を発揮するために身体を万全の状態にする食事、怪我やスポーツ障害を予防する食事を中心に考え、種目や体格、時期や目的によってサポート方法を検討します。

入学を検討中の方へ一言

「食」という文字は「人を良くする」と書きます。本来、人を良くするはずの「食」が、食べ方によっては生活習慣病や要介護状態を招く要因になるなど、食と健康に関する課題は山積みです。美味しく食べることは心と身体の栄養になりますが、美味しいだけでは健康を保持増進することはできません。ですから栄養のプロフェッショナルである栄養士の活躍が求められるのです。
「食」に興味のある方はぜひ一緒に学んでみませんか。

私のひとりごと

私は栗のお菓子が好きで、特にモンブランと栗きんとん(おせち料理のではなく和菓子の)には目がありません。今年の母の日、なんと高校生の娘がサプライズで手作りモンブランをプレゼントしてくれました。Webでレシピを探してチャレンジしたそうで、市販のむき栗をふんだんに使った逸品です。私にとっては今まで食べた有名店のモンブランよりもはるかに美味しい世界一のモンブランでした。心が満たされた母の日でした。

期待する学生像

生活科学専攻では社会の動向や日常生活、地域社会の現状に関心をもち、それに対する改善や活性化に関わる意欲があること、さらに、仕事に関わる知識・技能、コミュニケーション力、社会人基礎力を身につけ、自立した職業人として地域社会に貢献する意欲がある学生を求めています。
食物栄養専攻では健康、人体、食品、栄養分野を専門的に学ぶことに意欲があり、周囲の人と協力、協調してものごとを遂行することができ、地域の人々の健康増進に学修成果を生かそうとする学生を求めています。

2年間の成果

生活科学専攻ではビジネス実務士、観光実務士、メディカルクラーク(医科)、図書館司書、社会福祉主事任用資格の取得とともに幅広い教養を身に付け、各職場で活躍できる社会人基礎力を養い、地域のことを熟知し、自ら積極的に地域と関われる力を修得します。
食物栄養専攻では栄養士、フードスペシャリスト、社会福祉主事任用資格の取得とともに、現代における健康維持・増進の重要性を踏まえ、食と栄養の確かな科学的知識とそれを実践できる技能を持ち、地域社会に貢献できる力を修得します。


    名塚 昭
    (Nazuka Akira)
役職・職階 教授
所属 生活科学科 生活科学専攻
担当科目 法学(日本国憲法含む)、生活と法、地域と観光Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
専門分野の概要 (法学、生活と法)日本国憲法をはじめ、私たちの日常に関係する法の概要を学びます。
(地域と観光)グループワークを通して、観光その他の地域資源を調査し、地域活性化に向けた取り組みや活動を考え、実践に結びつけます。
学位と業績

専門分野の詳細

(法学)2022年4月から成年年齢は18歳になります。皆さんは一人で自由に契約をし、住居も決めることができます。わたしたちの日常を「法の側面」から考え、適切な対応方法などを理解します。
(地域と観光)釧路地域での観光政策のアウトラインやまちづくり実践例を理解するとともに、グループによる学習を通して、「前に踏み出す力」、「考え抜く力」、「チームで働く力」を身につけます。

入学を検討中の方へ一言

学生時代は、自分で学び、考え、そして行動できる人生で最も素晴らしい時期のひとつです。学友とともに研究し、議論し、時には旅行をするなど様々な体験を通して自分自身を磨くことができます。積極的に行動する皆さんを待っています。

私の趣味

日没が早くなり、雪が降り始めると私は身体中にエネルギーが充てんされたようなワクワクした気持ちになります。スキーシーズンの到来です。
最近のゲレンデは、スノーボードをする若い人たちが中心です。スキーをしているのはインバウンド(訪日外国人観光客)か高齢者です。この2シーズンは新型コロナウイルスのせいでインバウンドの人たちの姿はなく、「スキーヤー=地元高齢者」という図式になってしまいました。もう! コロナよ早く収まってよ。白銀とはいうけれど、シルバーだけではちと寂しい。


    室田 享子
    (Murota Kyouko)
役職・職階 教授
所属 生活科学科 食物栄養専攻
担当科目 臨床栄養学、ライフステージ栄養学、給食計画演習、給食実務校外実習
専門分野の概要 成長や発達、健康や病気と食事の関連を学びます。また、給食を提供するために必要な知識と技術を修得します。
学位と業績

専門分野の詳細

食と栄養は、成長・発達、健康の維持・増進に欠くことができないものです。
適切な食事は成長を促し、健康を増進・回復させますが、不適切な食事は発育の不良や疾病の憎悪をもたらします。身体の仕組みと栄養の密接な関係を知り、食事から何をどれだけどのように摂るのかを学びます。
また、病院や介護施設、保育所など特定の集団給食施設で安全・安心な食事提供のための管理について学びます。

入学を検討中の方へ一言

「 You Are What You Eat ~ あなたの体はあなたが食べたもので作られている 」という言葉があります。みなさんは、ふだんの生活のなかで意識することはありますか?
ふだん口にする飲み物、チョコレートやクッキー、おにぎりやサンドイッチなど・・・パッケージにあるカロリーや塩分の栄養表示に目をやってみましょう。食べ物と栄養のことを身近に感じることができるかもしれません。

私のひとりごと

“下手の考え休むに似たり”
毎日の生活で、やりたくないなと思うことありますよね。どうしようなんてあれこれ考えていても良い考えが浮かびません。なんだか身体も疲れてきます。そんな時、何でもよいので目についたことから始めてみます。そのうちどんどん身体が動いてきてなんだかスッキリしてきます。不思議ですね。でもどうしようもなく疲れている時は休むことが一番です。

卒業後の進路

生活科学科食物栄養専攻は、栄養士の免許を取得できます。
9割以上の卒業生は、栄養士として就職しています。おもには、給食受託会社に入職し病院や高齢者施設で働いています。その他には幼稚園や保育所、福祉施設などがあります。栄養士として3年間の実務経験を得ると管理栄養士の国家試験を受験することができます。


    岩松 恵
    (Iwamatsu Satoshi)
役職・職階 准教授
所属 生活科学科 生活科学専攻
担当科目 英語、ビジネス英語Ⅰ・Ⅱ、生活科学基礎演習
専門分野の概要 英語教育学、教授法を中心に研究しています。また、英語と日本語の対訳本の出版もしています。
学位と業績

専門分野の詳細

英語教育学、教授法を中心に研究しています。また、釧路をより多くの観光客に紹介するため「 Let’s say “Hello!” on Nusamai Bridge. 」を出版したり、アイヌ民族の歴史や文化についての理解を広めるために「 Let’s say “Irankarapte!” in Hokkaido. 」などを日英対訳で作成し、釧路管内の学校や英語学習者に寄贈しています。

入学を検討中の方へ一言

急速にグローバル化が進んでいる現代社会において英語の習得は不可欠で、私たちの身の回りには英語が溢れております。しかし、日常的に英語で会話をする機会は少なく、英語の習得に基礎の段階で苦労した人も多いと思います。本学では「英語リメディアル講座」も開設し、補習の授業も行っています。わかりやすい授業を心がけますのでご安心ください。

私の趣味

大学まで野球を続け、教員になっても約30年間、野球部の顧問、そして8年間剣道部の顧問をしていました。6年前本学に転勤後は剣道だけを続けていましたが、 昨年2月よりコロナのために剣道も一切行っていません。自転車で遠出するのと古い車の整備を楽しんでいます。


    高木 真美
    (Takagi Mami)
役職・職階 講師
所属 生活科学科 生活科学専攻
担当科目 図書館概論、図書館情報資源概論、図書館制度・経営論、子どもと読書
専門分野の概要 『図書館運営の変遷』と『子どもの読書活動』について研究しています。
学位と業績

専門分野の詳細

図書館の役割は時代によってどのように捉えられてきたのか?
図書館は、社会の中でどのような役割を果たすのか?
司書は、専門職として図書館でどのような仕事を行うのか?
大人も子どもも、誰もが無料で利用できる公立図書館のあり方をさまざまな角度から研究しています。

入学を検討中の方へ一言

公立図書館は誰もが無料で利用できる施設です。一体なぜ、無料なのでしょうか? そこには深い意味があるのです。図書館に興味がある方、専門職として図書館で働く司書になるための学びを釧路短期大学で体験してみませんか? 図書館で働くことはなくても、司書資格を取得する課程の学びは、深く豊かに社会を生き抜く力を養います。

私のひとりごと

図書館を利用するだけでは見えない図書館の姿があります。図書館を運営する側と利用者の目線を併せることでより良い図書館運営について考えることができます。
私が担当する「図書館活動研究ゼミ」では、学生たちが企画した事業を実際に釧路市中央図書館で開催しています。図書館事業を企画し、準備し、開催する過程で、授業だけではイメージできなかった図書館の世界について考えを深め、成長する学生たち。その姿に、私自身がたくさんのエネルギーをもらって、研究を続けています。


    牧野 功樹
    (Makino Koki)
役職・職階 講師
所属 生活科学科 生活科学専攻
担当科目 簿記Ⅰ・Ⅱ、ビジネス文書演習、ビジネスデータ利用演習、キャリアデザインⅠ・Ⅱ・Ⅲ
専門分野の概要 中小企業における設備投資意思決定に影響を与える要因とその経済的帰結の探求
学位と業績

専門分野の詳細

意思決定というと難しく聞こえますが、「お昼ごはん何食べよう?」「高校卒業したらどうしよう?」など、皆さんも多くの意思決定(選択)を行っているでしょう。
企業は限られた経営資源を用いて、効率的に経営を行う必要があります。しかし、不透明な将来を決める意思決定が常に最善に行えるとは限りません。そのため、企業が行う意思決定が『利益』に結び付いているかを釧路市の中小企業への調査を踏まえた研究を行っています。

入学を検討中の方へ一言

短期大学での学習は、「自分で考える」ことが大切です。高校までの学習は、与えられた問題の答えを導くことが中心でした。しかし、社会に出ると解くべき『問題』を自分で探すところから始まります。そして、設定した『問題』には唯一絶対の『正解』はないことがほとんどです。そのため、短期大学では『自分で課題を設定』し、『正解のない課題に立ち向かう方法』を考えます。
短期大学で一緒に面白い問題と答えを見つけませんか。

私の趣味

行ったことのない場所に行って、新しい体験をすることがとても好きです。感染症拡大前は、朝の飛行機に乗って、その日の夜の飛行機に乗って帰ってくるくらいアクティブに動いていました。
また、私の出身は、埼玉県熊谷市という日本一暑い場所なので、こんなに寒い釧路に住むということも良い経験だと思っています。そこでしかできない経験やその土地の人と話をすると新しい発見があり、とても楽しいですよ。

卒業後の進路

生活科学専攻ならではの多彩な学びと資格の取得を活かし、幅広い進路の選択に繋がっています。具体的な卒業生の就職先は、企業における一般事務や販売職はもとより、医療事務職や官公庁、図書館司書や社会福祉施設など非常に多岐にわたります。
多くの卒業生が釧路市内の企業に就職し、地域経済の担い手として活躍しています。


    諸橋 京美
    (Morohashi Satomi)
役職・職階 講師
所属 生活科学科 食物栄養専攻
担当科目 食品学総論、食品学各論、食品学基礎実験、食品学応用実験
専門分野の概要 食品の特性、成分、機能、またそれらの加工法について講義や実験を通して学んでいきます。授業以外では「食物アレルギー」について研究しています。
学位と業績

専門分野の詳細

わたしたちは食品を食べることによって生きています。ひとが生きていく上で欠かせない食品についての知識を身につけることで調理学、栄養学についてもより深く理解できるようになります。
実験では身近な食品を使って成分の検出や分析を行うことで、より食品に興味をもってもらえるように授業をすすめていきます。

入学を検討中の方へ一言

みなさんは毎日ご飯を食べるときやおやつを食べるとき、それが何で出来ているか、どうやって作られているかなど意識していますか?
食品の一つひとつは多くの人にとって栄養になるものですが、ある人にとってはそれが体に不利益をもたらす場合もあります。食物アレルギーの場合、食品中の特定のタンパク質に体内の免疫細胞が反応することで起こります。
そういったことも含めて色々な視点から食品に興味をもってもらえたらと思います。知れば知るほど面白い食品学の世界、釧路短大で学んでみませんか?

私の趣味

家族や友人と行く旅行も楽しいですが、私はわりと一人旅も好きです(国内に限りますが)。
出かけた先での目的は一つに絞って、あとは好きな音楽を聴きながらその日の気分で電車やバスに乗って気になったところに立ち寄ってみると、意外な発見や小さな感動に出会えたりします。
目指せ! 47都道府県制覇!!・・で残すところあと十数県。
早く旅行できる日が戻るといいなぁ・・


    渡辺 剛志
    (Watanabe Tsuyoshi)
役職・職階 講師
所属 生活科学科 食物栄養専攻
担当科目 生化学物質論、基礎栄養学、解剖生理学実験、食品衛生学実験
専門分野の概要 生化学を専門分野としています。微生物による物質生産とそれに関わる酵素に興味があります。
学位と業績

専門分野の詳細

発酵は適切な栄養と培養条件を整えると、ワンステップでアルコールや乳酸などを産生してくれます。そして、この微生物の代謝システムに欠かせないのが「酵素」の存在です。過去に糸状菌(カビ)を用いて効率的に乳酸生産を行う研究に取り組みました。
これらの経験を活かして、ゼミ活動では微生物や酵素を用いた実験を実施しています。

入学を検討中の方へ一言

情報のアンテナを高く掲げましょう。
例えば、糖尿病は国民病と呼ばれるほど罹患者が多い病気ですが、「なぜ糖尿病になるのか?」と健康な人々が疑問に思うことは実は少ないかもしれません。
糖尿病の原因については、様々な意見や学説が存在します。それらを理解しようとするときに、本学の講義で語られることが手助けの材料になります。なぜを大事にしましょう。

私のひとりごと

最近は、ゼミ活動で学生達と協力して、ある物質から肌の保湿成分を抽出するための有機化学実験の準備を行っています。長い間、動かしていない機器を使用するので動作確認やダメになったパーツの交換などをしています。
新規の実験を行う前は大変ですが、学生と楽しんで作業に当たろうと思います。

    井上 薫
    (Inoue Kaori)
役職・職階 幼児教育学科長・教授
所属 幼児教育学科
担当科目 教育史、比較文化(2022年度から「言語と文化Ⅲ」へ改編)、教育学、保育内容指導法
専門分野の概要 近代日本の植民地、特に朝鮮における植民地教育政策史研究。日本語や農業に関わる政策の変化や教科書内容を調べています。
学位と業績

専門分野の詳細

教育は、知識や認識を拡げるものである一方で、特定の方向へ導くものとも言えます。
時に、事実と異なる解釈で過去の出来事を説明し、現状を変え、未来を方向付けようとする場合があり、政治の世界でよくなされるので困りものです。
時代とその環境によって変化してきた国の教育政策や国民意識の方向付けを見直し、今の私たちがどのようにしていけば良いのか考えます。

入学を検討中の方へ一言

例えば、子ども(幼児)を「わがまま」と見るか、「何も知らない」と見るか、「よいもの」と見るかで、その子に対する働きかけ方が変わってきます。
こうあってほしいことをストレートに突きつけたり、問いかけて気付かせようとするなど、その方法も様々です。
その子の気持ちを探り、受けとめ、その子自身が何か「したい」という意欲をもって過ごせるように支え、導ける保育者・教育者のあり方を試行錯誤しながら模索してほしいと思います。

私のひとりごと

何事も一歩から。 アブラハム体操も右手から…!?

期待する学生像

子どもにも私たちと同様、個性があります。まずは、これからかかわる“〇〇ちゃん”一人ひとりへの関心をもてること。他の人の考えを理解して、自分の考えを適切に伝えることができること。自分の努力だけでなく、仲間とも協同して課題に挑戦できること。そして、様々な学びや経験を活かし、保育者として人間性や能力を高め続けることができることを期待しています。

2年間の成果

保育や教育、様々な支援や考え方を学び、広く幼児教育・保育の知識と技能を持てるようになること。たくさんの子どもたちとかかわり、子どもたちを支える家庭や社会の課題を学んで、保育者としてふさわしい豊かな人間性と感性を身につけること。そして、子どもや関係者を取り巻く生活環境や生活文化をより良くしようとする姿勢を持てるようになることです。


    進藤 信子
    (Shindoh Nobuko)
役職・職階 教授
所属 幼児教育学科
担当科目 音楽Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ、音楽表現法、保育内容研究Ⅱ
専門分野の概要 私は幼少期、鍵盤楽器に出会い、ピアノを中心に音楽の魅力を探り、最近は幼いこどもへこの魅力を伝えている。
学位と業績

専門分野の詳細

音楽は、言語以上に世界共通であり、私は、「ピアノの演奏」で、教育を受け、これまでの人生の歩みとともに、心を支えられ、たくさんの人と心を繋ぐことができました。
現在も、自分の演奏技術を見つめ、仲間とともにコンサート活動を継続しています

入学を検討中の方へ一言

釧路短期大学入学生は、ピアノ未経験者が大半です。
個人レッスンを通して、こどもたちと音楽の楽しさを共感できるように、ともに頑張りましょう。

私の趣味

色々な花を育てたり、鑑賞できることを幸せに感じます。


    吉川 修
    (Yoshikawa Osamu)
役職・職階 教授
所属 幼児教育学科
担当科目 保育者論、幼児理解と教育相談、環境論
専門分野の概要 「保育・教職関係分野」~幼児教育・学校教育関係
学位と業績

専門分野の詳細

  • 子どもを健やかに育てていくための関わり方や保護者・地域との関わり方など、保育者になるための基本的な心構えや役割及び教育相談の理論や方法について
  • 子どもの育ちに関わる現代の生活環境とその課題を踏まえたより良い保育環境について
  • 幼・保・小の連携の在り方

入学を検討中の方へ一言

将来、保育者として子どもの成長に関わりたい皆さん、一人ひとりに対するきめ細かな指導が売りの釧路短期大学幼児教育学科への入学、お待ちしています。

私の趣味

小さな庭の小さな畑の野菜作りが趣味です。野菜作りには適度な温度や養分、適度な水分が大切。人づくり、子育ても野菜作りと同じ。全て教えるのではなく、全て与えるのではなく「適度」が大切!

卒業後の進路

幼児教育学科は、2年間の在学中、教養科目や専門教育科目などを学び、加えて地域での各種実習で貴重な現場経験を積み、幼稚園教諭2種免許、保育士資格、認定ベビーシッター、レクリエーション・インストラクター等の免許・資格を取得します。
卒業後、これらを生かし福祉施設も含めて幼稚園・保育所、認定こども園などに就職し、保育者、支援員として活躍しています。


    穴水 ゆかり
    (Anamizu Yukari)
役職・職階 講師
所属 幼児教育学科
担当科目 心理学、心身の発達・学習過程Ⅰ・Ⅱ、子ども家庭支援の心理学、子育て支援
専門分野の概要 思春期の発達とこの時期に生じる問題、具体的には「自分で自分を傷つける行為」について、「心の発達」という観点から研究しています。
学位と業績

専門分野の詳細

小学校高学年~高校生の自傷行為の実態とその関連要因について、「発達」の視点から再考しています。また、学校の先生方が児童生徒の自傷行為をどのようにとらえ、対応しているのかを検討し、それをもとに心身の成長と発達にかかわる学校ならではの援助介入のあり方について考えています。
専門分野は思春期の青少年ですが、乳幼児心理領域では「発達の視点から問題を捉える」ことに注目して授業を進めています。

入学を検討中の方へ一言

子どもたちは毎日、さまざまな遊びや体験を通じて、興味をもってチャレンジする力、頑張って取り組む力、コミュニケーション力など、これから生きていくための基礎を身につけていきます。保育者は子どもたちの成長発達をみながら、そうした力を引き出し伸ばしています。しっかり学んで専門性を身につけなければ、質の高い保育や幼児教育はできません。
とても忙しい2年間になりますが、子どもの好きなあなたならきっと興味をもって学ぶことができると思います。

私の趣味

私の趣味は旅行と読書です。休暇がとれると数冊の本とともに旅に出ます。旅先では街を歩きながら人々のようすを観察し、かつてその街で生きてきた人々の日常や想いを想像します。持ち歩く本は海外ミステリー小説です。物語の中で描かれる社会や、そこで生きる登場人物の想いや葛藤などに関心をもって読みます。
教員は多くのひととかかわる職業で、心理学はひとの行動を観察して分析する学問。たぶん私はひとに興味があり、ひとが好きなのでしょう。


    小林 麻如
    (Kobayashi Maki)
役職・職階 講師
所属 幼児教育学科
担当科目 特別支援教育Ⅰ、こども家庭支援論、保育原理、人間関係論
専門分野の概要 様々な背景を持つ子どもを理解し、適切な支援を考える。また、保護者支援、関係機関との連携のあり方についても考える。
学位と業績

専門分野の詳細

年齢、国籍、障がいのある/なしに関わらず、様々な背景を持ち育った子ども一人ひとりの違いや良さを認め合いながら、共に育ち合う保育/教育が必要とされています。そのため、保育や教育を行う専門職として、一人ひとりの多様な育ちと人権を尊重し、ニーズに合わせた適切な支援(関わり方・環境作りなど)を、保育/教育の現場をはじめ地域へ拡げています。

入学を検討中の方へ一言

一人ひとりの違いや良さを認め合いながら過ごせる環境になれば良いなと思いませんか? 最近ではダイバーシティなんて言葉でも言われています。皆を大切にする、違いを認め合う…確かに実現できれば素敵な世界ですが、それはどうしたら叶えることができるのでしょうか。
私の授業では幼稚園、保育所で多様な育ちとその子を理解し尊重した関わり方について、皆さん自身に考えてもらっています。

私の趣味

私は、ムーミンのリトルミィが好きです。
リトルミィの「影でこっそり良いことをして、サッと消える」ような考え方に共感したからです。家族からは、見た目もそっくりだと好評です(笑) そのせいもあって、リトルミィのグッズを集めることが趣味になりました。パソコンケース、ポーチ、メガネケースに至るまでリトルミィづくしです。


    篠木 真紀
    (Shinoki Maki)
役職・職階 講師
所属 幼児教育学科
担当科目 造形表現指導法(環境・表現)、情報機器総論、芸術・アートの世界、芸術表現
専門分野の概要 造形・芸術分野一般。
幼少期や生涯学習における美術教育。
造形分野の教材や指導法研究。
学位と業績

専門分野の詳細

20年以上小学校で図工を教えてきました。私自身も制作したり、美術作品をみたりすることが大好きです。
幼児教育学科は幼稚園や保育所、認定こども園の先生になったり福祉施設に勤める卒業生が多いのですが、子どもたちや施設利用の方にどう造形を楽しんでもらえるかを、知識と技術の両方から伝えています。

入学を検討中の方へ一言

進路で悩むこともあると思いますが、人生は結構軌道修正ができます。まずは好きなこと、やりたいことをやってみて、やりながら修正していくことがおすすめです。
迷ったり悩んだりするときは近くの先輩たちや家族、友人たちと話していっぱいアイデアをいただいてください。そして最後は自分の意思で決めることが大事です。

私の趣味

キャンピングカーが好きです。
いろいろなところに出かけながら車中でのんびり過ごしたり、時には仕事をしたり、自由に過ごしています。なかなか遠出ができない時期ですが、少し普段とは違うところに行くことでリラックスできます。釧路は夕日が綺麗なので、海岸沿いがおすすめです。


    白川 和希
    (Shirakawa Kazuki)
役職・職階 講師
所属 幼児教育学科
担当科目 健康論、幼児体育指導法(健康・人間関係)、生涯スポーツ実技、レクリエーション実技
専門分野の概要 運動生理学、呼吸生理学、神経生理学、スポーツ科学、健康科学
連絡先:
学位と業績

専門分野の詳細

ヒトが呼吸をするのは酸素を体内に取り込み、体内の二酸化炭素を排出するというガス交換の役割だけなのでしょうか。例えば、テニスプレーヤーはボールを打つ瞬間に大きな声を出すことがあります。また、トレーニングではバーベルを持ち上げる時に息を吐きます。これは呼吸がガス交換の役割だけにとどまらないことを示しています。このように、私は呼吸がスポーツや運動に貢献する生理学的機能について、研究しています。

入学を検討中の方へ一言

入学をご検討中のみなさん。自分が興味を持っていることや知りたいこと、やってみたいことはありますか。例えば、スポーツや運動が大事と聞くけど、本当に必要なことなの? 睡眠や栄養のことをもっと知りたい! レクリエーションって何? スポーツや体を動かすことが好きで、これまでの経験したことを子どもや高齢者、障がい児・者に還元していきたい!
釧路短期大学で学び、その思いを一緒に実現させてみませんか。

私のひとりごと

<卒業生の研究論文・研究活動>
  • 自然を活用した保育が子どもにもたらす影響について 
    ~S園の森のようちえんの活動を通して~
  • リズム表現を継続的におこなった4歳児Aくんの気持ちの変化について 
    ~活動時の保育者の働きかけ~
  • みんなに心の癒しを 
    ~クリスマスツリーの製作~
  • 健康を考えた環境作り 
    ~スポーツゴミ拾い(スポGOMI)~
  • ヒトは環境によって運動・ケンケンパを行いたくなるのか 
    ~道路に図形や絵を描いてみて~