本文へジャンプ
教員が有する学位と業績


山崎美枝(ヤマザキ ミエ, Mie YAMAZAKI)

 職位 教授
 学位 学士(家政学)
 所属学会 日本栄養改善学会,日本スポーツ栄養学会
 専攻分野  スポーツ栄養学 
 主な研究課題 氷上スポーツ選手の競技力向上のための栄養摂取
 主な研究業績 (著作)
1.教材ビデオ原案監修「食事と健康?食事がささえるわたしたちのからだと生活?」『わたしたちのからだと健康』第2版, VOL.6,医学映像教育センター,東京,2008.
2.教科書執筆「子どもの食と栄養」保育出版社,2010年.

(学術論文)
1.「女子学生の身体組成と生活習慣,体型認識に関する調査」釧路短期大学紀要第36号,2009年.
2.「高校アイスホッケー部員への栄養サポート」日本スポーツ栄養研究誌第7巻,2014年.
3.「釧路の小中学生フィギュアスケーターへの栄養教育の検討」釧路短期大学紀要第42号,2014年.

(学会等研究発表)
1.「女子学生の身体組成と生活習慣・体型認識に関する調査」第55回日本栄養改善学会学術総会,2008年.
2.「釧路のフィギュアスケート・アイスホッケー選手への取り組み」第1回スポーツ栄養セミナーin北海道,2011年.
3.「小中学生フィギュアスケート選手の栄養サポートに関する研究」第58回日本栄養改善学会学術総会,2011年.

(その他)
1.『フィットネスダンスフェスティバル開催の手引き』(社団法人日本フィットネス協会,2010年4月1日)
2.「フィットネスダンスフェスティバルin釧路開催報告」(『月刊ヘルスネットワーク』第316号,社団法人日本フィットネス協会,2010年12月)
3.巻頭言「スポーツ栄養士が勧める補食でフィットネスに笑顔を」(『月刊ヘルスネットワーク』第319号,社団法人日本フィットネス協会,2011年3月)
4.「第41回ADI&JAFA AQUA セルフテスト フィットネスインストラクタ
ーのための栄養講座? 野菜摂取のためのポイント?」(『月間ヘルスネットワーク』第331号,社団法人日本フィットネス協会,2012年3月)
5.連載「アイスホッケー選手のためのスポーツ栄養学」(『アイスホッケー情報誌Breakaway』38-50号,2011年6月-2012年7月)
6.管理栄養士の活動最前線「公認スポーツ栄養士の活動-フィギュアスケート強化スタッフとしてのかかわり-」(『日本栄養士会雑誌』第56巻第7号,2013年7月)
7.特集、ベストで臨むコンディショニングPART4、「主食たくさん、おかずは最小限の高炭水化物食で勝つ」コーチングクリニック2014年7月号,ベースボールマガジン社,2014年.
8.食育連載「公認スポーツ栄養士山崎先生のアスリート食レシピ」氷都釧路を盛り上げるフリーペーパーMember+Over vol.5-6,2016.06,2016.10,2017.02,NPO法人東北海道スポーツコミッションメンバー製作実行委員会,2015-2017年.
9.「Member+Overアスリート食レシピブック」,NPO法人東北海道スポーツコミッションメンバー製作実行委員会,2017年.

 その他の活動 日本スケート連盟強化スタッフ(全国有望新人発掘合宿、全日本ジュニア・シニア合宿帯同), 日本オリンピック委員会強化スタッフ, 日本スポーツ栄養学会評議員, 第22回オリンピック冬季競技大会[2014/ソチ]マルチサポート・ハウスミール運営スタッフ, 健康くしろ21第2次計画検討委員会委員(2013年), 釧路スケート連盟副理事長, 釧路市公設地方卸売市場運営協議会委員, 釧路市スポーツ賞審議会委員, 釧路市スポーツ振興財団理事, 北海道栄養士会冬季アジア大会栄養サポート委員(2016-2017年)
 主な担当科目 栄養指導論、ライフステージ栄養教育、給食実務校内実習、スポーツ栄養学
 主な学内業務 就職委員長、学生相談室委員、自己点検評価委員