本文へジャンプ
教員が有する学位と業績


杉本龍紀(スギモト タツノリ, Tatsunori SUGIMOTO)

 職位 教授
 学位 修士(経済学)
 所属学会 社会政策学会、ロシア東欧学会、比較経済体制学会、北海道極東研究学会
 専攻分野  経済学 
 主な研究課題 地方公務職場の労使関係、ロシア労働問題
 主な研究業績 (学術論文)
1.「北海道職員の生活感」、釧路短期大学紀要』第39号、2012年2月
2.「地方公務労働者の意識構造と労働者像(1)-調査結果の概要」、『北海道自治研究』第531号、2013年4月
3.「地方公務労働者の意識構造と労働者像(2)-職場の人間関係」、『北海道自治研究』第535号、2013年8月
4.「地方公務労働者の意識構造と労働者像(3)-仕事と評価」、『北海道自治研究』第537号、2013年10月
5.「地方公務労働者の意識構造と労働者像(4)-労働組合」、『北海道自治研究』第539号、2013年12月
6.「地方公務労働者の意識構造と労働者像(5)-労働基本権」、『北海道自治研究』第543号、2014年4月
7.「地方公務労働者の意識構造と労働者像(6)-政党・道政」、『北海道自治研究』第547号、2014年8月
8.「地方公務労働者の意識構造と労働者像(7)-生活意識」、『北海道自治研究』第549号、2014年10月
9.「地方公務労働者の意識構造と労働者像(完)-地方公務労働者像」、『北海道自治研究』第555号、2015年4月
10.「ロシア産業の労働費用」、NPO法人ロシア極東研『ボストーク』29号、2017年4月
11.「革命期ロシアの労働者統制をめぐって」、現代社会問題研究会編『資本論と社会主義、そして現代』所収、2017年8月
 その他の活動 くしろ知域文化財団評議員(2016.5-)、社会福祉法人アシリカ評議員(2010.10-)、NPO法人北海道極東研究学会・社員、全国栄養士養成施設協会理事(2016.6-)、学校法人緑ケ岡学園評議員(2006.6-)
 主な担当科目 経済学、地域の産業と企業、ビジネス実務の基礎、統計情報と社会他
 主な学内業務 生活科学科学科長、教務委員、自己点検評価委員、生涯教育センター運営委員、ALO