本文へジャンプ
幼児教育学科のシラバス


実習内容研究Ⅱ(資格専門)

担当教員  幼児教育学科全員
授業形態・単位等 演習、1単位
授業の概要  1.保育の実際的な方法を学習する。
2.保育に必要な記録、計画立案などの基本的な技能を身につける。
3.教育実習および保育実習に必要な事前学習および準備、事後の振り返りなどをおこなう。
学生の到達目標  1.実習に必要な指導案を作成できる。
2.実習中の活動を適切に記録することができる。
3.教育職員および保育士の職業倫理について述べることができる。
4.幼稚園、保育所、福祉施設など、実習先となる施設について、その概要および対象者の生活について述べることができる。
5.実習中、実習前後を通し、実習先との関係において基本的なマナーに則った失礼のない態度を取ることができる。
6.実習体験を振り返り、各自の進路へ向けた自分の学習課題を挙げることができる。
授業計画 1.ガイダンス
 科目の位置づけと内容、予定。 免許・資格と単位取得の説明。
2.~5.幼稚園実習の準備および事前学習
 職業倫理、実習記録の書き方、指導案の書き方、実習先への連絡の取り方
 幼稚園実習の内容、準備、心得、実習後の提出課題など
 作成した指導案によるグループ模擬演習(演習)
6.実習講演会(幼稚園)
 幼稚園の先生から、実習に向けて準備や心得などについてうかがう
7.幼稚園実習反省会
 教育実習の体験を振り返り、保育実習および就職に向けての学習課題を確認する
8.~11.保育実習オリエンテーション
 保育実習の内容、準備、心得、実習後の提出課題など
 福祉施設の種別ごとの課題学習
 職業倫理、実習記録の書き方、指導案の書き方、実習先への連絡の取り方
 作成した指導案によるグループ模擬演習
12.13.実習講演会(保育所・施設)
 保育所および施設の先生から、実習に向けての準備や心得などについてうかがう
14.保育実習反省会(後期・実習終了後に実施)
 保育実習の体験を振り返り、就職に向けての学習課題を確認する
15.施設実習報告会(保育実習III)(後期・実習終了後に実施)
 福祉施設実習の体験を振り返り、就職に向けての学習課題を確認する
準備学習 1.『実習の手引き』の関係事項を事前に読んでおく
2.模擬演習(生活指導、運動遊び、2歳児を想定したものを予定)のための諸準備(構想、材料調達、指導案書き)は、余裕をもってとりかかること
3.個人面談のための「準備シート」を事前に配付するので、指定された日時までに必ず提出すること
4.教育実習(幼稚園実習)報告会および保育実習(保育所・施設実習)報告会は、1年生も同席して聞くので、後輩へのアドバイスも含めて報告内容を準備してほしい。報告者は、当日、スーツ着用とする
評価の方法・観点 1.授業内でおこなう活動の事前準備状況(春休みの課題を含む)を担当教員が評価(25%)
2.模擬演習用指導案などの提出物(75%)
メッセージ 実習に行くための重要な指導を含んでいるので、欠席の多いものは実習を取りやめる扱いとする。