本文へジャンプ
幼児教育学科のシラバス


教育保育実習指導(資格専門)

担当教員  幼児教育学科全員
授業形態・単位等 演習、1単位
授業の概要  教育実習および保育実習に必要な事前学習および準備、事後の振り返りなどをおこなう。
学生の到達目標  1.幼稚園、保育所、福祉施設など、実習先となる施設について、その概要および対象者の生活について説明できる。
2.実習中、実習前後を通し、実習先との関係において基本的なマナーに則った失礼のない態度を取ることができる。
3.実習体験を振り返り、次年度の実習へ向けた自分の学習課題を挙げることができる。
授業計画 1.オリエンテーション
 免許・資格と単位取得、就職の関係、実習先希望調査票配付
2.~5.施設研究の一環としての施設研修旅行
 保育士資格取得に必要な福祉施設での実習の概要と、施設研修旅行の位置づけおよび概要の説明
 施設研修旅行の詳細な内容の説明と事前準備、見学の心得
 児童福祉施設、社会福祉施設の利用者とふれあい、施設と施設での生活に対する実際理解
6.施設研修旅行反省会
 各自報告を行い、施設研修旅行で学んだことを振り返り、成果・課題を共有
 感想文を提出。
 施設実習の実習先について検討。
7.~9.先輩の実習体験から学ぶ
 教育実習(幼稚園実習)報告会(感想文を提出)
 保育所実習報告会(感想文を提出)
 施設実習報告会(感想文を提出)
10.保育現場体験(5回以上)
 前期の保育観察(実習内容研究I)の成果と課題を引き継ぎ、現場体験を積み重ねる。
11.12.見学実習(保育所)オリエンテーション
 見学実習の内容と準備、実習の心得、実習先との連絡方法等
13.小道具を用いた自己紹介(演習)
14.見学実習反省会
 見学実習体験の振り返り、次年度実習に向けた課題の確認
15.まとめ
 本実習に向けて、春期休業中の課題提示とねらい
準備学習 内容は、並行して実施する、前期の「実習内容研究I」、後期の「保育内容総論」と密接にかかわるため、資料類はしっかり整理し、必要な場合、すぐ取り出して調べられるようにしておこう。
評価の方法・観点 1.保育現場体験の報告書、研修旅行後および実習報告会後の感想文(80%)、課題の設定内容と達成度を担当教員が評価(20%)
2.実習に行くための重要な指導を含んでいるので、欠席の多い者は実習を取りやめる扱いとする。
メッセージ 実習に行くための重要な指導を含んでいるので、欠席の多い者は実習を取りやめる扱いとする。