本文へジャンプ
幼児教育学科のシラバス


保育・教職実践演習(幼稚園)(専門教育)

担当教員  井上 薫・吉川 修・塚本 久仁佳・川嶋 厚子
授業形態・単位等 演習、2単位
授業の概要  本演習は、実習終了後の総まとめとして実施する。したがって、実習を経た、免許・資格取得希望者に限り受講できる。本演習では、学んだ知識や技術を活かしたグループ演習の準備・実践を通して、次の目的を達成したい。
1.子どもの最善の利益を考え、求める態度を身につける。
2.これまで学んだ保育の実際的な技術や方法を整理する。
3.保育実践者として保育現場に参与する意識を高める。
学生の到達目標  1.実習体験を振り返り、各自の進路へ向けた自分の学習課題を整理できる。
2.教育職員および保育士の職業倫理について述べることができる。
3.保育現場に必要な保育計画案を作成できる。
4.保育活動を適切に記録し、保育活動へ活かすことができる。
5.保育活動を深める多様な教材研究や保育方法を調査し、実践に活かすことができる。
授業計画 1.オリエンテーション:科目の位置づけと内容、実習の振り返り・履修の振り返り
2.グループワーク -1
3.グループワーク -2
4.5領域の総合的な活動 -1
5.5領域の総合的な活動 -2
6.5領域の総合的な活動 -3
7.保育計画
8.教育計画
9.保育計画案作成 -1
10.保育計画案作成 -2
11.指導案作成 -1
12.指導案作成 -2
13.実践準備 -1
14.実践準備 -2
15.保育現場での実践 -1
16.保育現場での実践 -2   
17.振り返り・反省
18.指導案の再検討 -1
19.指導案の再検討 -2
20.KJCランドに向けての準備 -1
21.KJCランドに向けての準備 -2
22.KJCランドに向けての準備 -3
23.KJCランドに向けての予行演習
24.予行演習の振り返り
25.KJCランドに向けての準備 -4
26.KJCランド(実践) -1
27.KJCランド(実践) -2
28.KJCランドの振り返り・反省
29.まとめ-1 保育者としての心構え
30.まとめ-2 履修カルテ 今後の課題
準備学習 保育現場に立つ直前の総まとめとなるので、各回のテーマごとに、各自の弱点を補い、多様な考え方や方法を整理することに努めてほしい。
評価の方法・観点 1.授業内で行う活動の事前準備状況(各グループワーク時の課題)、グループ実践(12月上旬・1月中旬を予定)および各自の反省・報告レポートなど、提出物100%。
2.学生本人と教員で共有する「科目の履修状況」および「自己評価シート」に記入し、適宜反省・改善を心がけること。
3.以上の関係で、出席を重視する。公欠等の場合は、必ず課題を確認し、提出等を行うこと。
メッセージ 保育現場で働くための重要な指導を含んでいるので、課題に到達できない者は補講等で必要な力量を補う努力を要する。保育実践者になるため、全力で頑張ってほしい。