本文へジャンプ
幼児教育学科のシラバス


在宅保育(専門教育)

担当教員  塚本 久仁佳・伊藤 美香・太田 幸恵
授業形態・単位等 講義、2単位
授業の概要  ・社会のニーズを知り、家庭訪問保育の知識を得ることができる
・保育者としての心構えを学ぶ
学生の到達目標  ・家庭訪問保育の内容を理解できる
・育ちへの理解と知識が身につく
・「思いやり」「愛情」を感じ、表現できる
授業計画 1.オリエンテーション 家庭訪問保育の体系(伊藤)
2.保育者として身につけたい保育マインド (伊藤)
3.乳幼児の生活と遊び (伊藤)
 ・小児保健
 ・乳幼児の食事と栄養
4.乳幼児の発達と心理 (伊藤)
5.特別に配慮を要するこどもへの対応 (伊藤)
6.居宅訪問型保育における保護者への対応 (塚本)
7.こども虐待  (塚本)
8.さまざまな家庭訪問保育 (塚本)
9. 居宅訪問型保育の内容  (伊藤)
10.居宅訪問型保育の環境整備(伊藤)
  ・安全の確保とリスクマネジメント
11.居宅訪問型保育の概要  (伊藤)
  居宅訪問型保育の運営
12.一般型家庭訪問保育の業務の流れ (伊藤)
13.実践演習 保育技術 (お世話編)(太田)
14.実践演習 保育技術 (遊び編) (太田)
15. 授業の振り返りまとめ      (伊藤)
準備学習 情報収集および選択をし、その選択について考えをまとめ、自分の意見を持つ
評価の方法・観点 課題レポート 40%
ミニテスト 40%
出席状況・授業態度 20% 
メッセージ 無償の愛とは何か