本文へジャンプ
幼児教育学科のシラバス


情報機器総論(専門教育)

担当教員  長津 詩織・生駒 英法
授業形態・単位等 講義、2単位
授業の概要  1.Windows型コンピュータ操作の基本を習得する。
2.保育現場の業務に必要な文書作成技能を身につける。
3.保育現場の業務に必要な印象的な印刷物の作成技能を身につける。
4.社会人として必要なプレゼンテーション技能を身につける。
5.保育現場の業務に必要な表計算技能を身につける。
学生の到達目標  1.一般的な操作
Windows型コンピュータの基本操作を理解し、誤りなく操作することができる。
2.文書作成技術
(1)日本語の入力を正しくかつ効率的に行うことができる。
(2)文書の校正や装飾を適切にできる。
(3)公文書(内部・外部)の規則を理解し、誤りなく作成することができる。
(4)図形や表の入った公文書を作成することができる。
3.印象的な印刷物の作成
(1)メッセージが伝わり、強い印象を与える文書を作ることができる。
4.プレゼンテーション作成
(1)自分の意見を的確にまとめ、伝えることができる
5.表計算の技術
(1)四則演算や合計など表計算の基本を身につける。
(2)平均値、最大値や最小値、個数など、基本的な数式を活用できる。
(3)名簿を作成し、管理することができる。
授業計画 1.オリエンテーション
 学内PCの操作方法の確認、授業内容の説明
2.~6.文書作成技術の習得
 文書の校正・装飾、公文書の作成、図表を加えた文書の作成
7.印象的な印刷物の作成
8.~11.プレゼンテーションの作成と実施
12.~14.表計算の技術の習得
 表計算の基本、基本的な数式、名簿・作成管理
15.総合演習
準備学習 ・パソコンが苦手な学生は、まずタイピング練習
・高校時に情報処理の授業があった場合は、その復習
・日頃から、日本語文章、ポスター、図表を含む印刷物に関心をもち、内容や体裁を見る
評価の方法・観点 授業内で提示する課題の達成による
メッセージ 保育現場でもパソコン技能は必須。苦手な人も頑張りましょう!