本文へジャンプ
幼児教育学科のシラバス


教育相談論(専門教育)

担当教員  吉川 修
授業形態・単位等 講義、2単位
授業の概要  教育・保育現場に観られる乳幼児の臨床的な問題や対応について、事例を通して学び、カウンセリングの基礎的な関わり方について理解する。
1.カウンセリングに関わる理論や技術の基本を理解する。
2.具体的な実践事例に学び、幼児との対話や支援の姿勢について理解を深める。
3.子ども理解のためにカウンセリングマインドの有効性について理解する。
学生の到達目標  1.子ども理解を臨床的な視点や関わりを深めるため、事例を通してカウンセリング的視点を活かすよさを学び日常に活かすことができる。
2.幼児をめぐり保護者や他の保育者との連携をどのように進めるか、事例を通して臨床的に学び日常に活かすことができる。
授業計画 1.オリエンテーション
 科目説明(概要・到達目標・授業計画・準備学習・評価の方法や観点など)
 保育のはじまり
2.「わたし」とは何だろう1(講義・小演習)
 「わたし」の形成とその物語
3.「わたし」とは何だろう2(講義・小演習)
 「わたし」を創る経験とは
 「わたし」形成に果たす保育者の役割
4.カウンセリングマインドと保育臨床1(講義・小演習)
 基本的対応としてのカウンセリング1
 カウンセリングマイドの登場
5.カウンセリングマインドと保育臨床2(講義・小演習)
 基本的対応としてのカウンセリング2
 カウンセリングのさまざま
6.カウンセリングマインドと保育臨床3(講義・小演習)
 臨床の知と保育臨床
7.子どもを知る1(講義・小演習)
 保育の出発としての子ども理解とその方法
8.子どもを知る2(演習)
 保育記録の実際から子どもを読み取る
9.子どもを知る3(演習)
 保育臨床の視点で子ども理解とその対応についてグループ討議
10.保育者の役割1(講義・小演習)
 理解者としての保育者
 遊びの援助者としての保育者
11.保育者の役割2(講義・小演習)
 心の拠り所としての保育者と保育者の育ち    
12.子どものSOSを読み取る1(講義・小演習)
 不安を抱える生活事例
 関係の歪みと回復の過程1いじめ
13.子どものSOSを読み取る2
 関係の歪みと回復の過程2登園拒否・言語
14.親と子と保育者の絆
 変わる親、子、保育者の受け止め方
15.定期試験
16.講評とまとめ
 定期試験の講評、保育臨床の場での想像力(講義) 
準備学習 講義範囲を予告するので、予習表に感想、疑問、意見等を記述し提出する。
評価の方法・観点 予習表、毎回講義の終わりに実施する小演習、コミュニケーション力に関わるレポート1本、定期試験、出席状況を総合的に判断し評価する。
メッセージ 子どもの心持ちを読み取れる感性を磨こう。