本文へジャンプ
幼児教育学科のシラバス


保育方法論(専門教育)

担当教員  柿原 勝
授業形態・単位等 講義、2単位
授業の概要  保育方法の技術的な面を習得すると同時に、保育方法の土台となる子ども達への接し方の姿勢を知る。
学生の到達目標  1.場面に応じた子ども達への対応方法を身につける。
2.保育者は常にモデルとなることを認識し、日々の行いこそが大切であることを理解し、説明できる。
3.指導計画案の作成のポイントを身につける。
4.絵本・紙芝居・手遊びを数多く覚える。
授業計画 1.2つのバランス(情熱と技術)
2.全面受容・無条件の愛情(自己肯定感を高める)
3.遊ぶことの意味(友達との関わり)
4.保育者との出会い(モデル)
5.待つ保育(見守る姿勢)
6.信じることの意味
7.自律とは
8.教えるということの意味・集団のルールを示す時期
9.過ぎてしまうことの問題点
10.長所を探す
11.子ども達にとって無駄なことはない
12.失敗・間違いの大切さ
13.喜びと悲しみ
14.継続していくことの大切さ・保育者の仕事とは・指導案作成1回目
15.継承・繋いでいくことの意味・指導案作成2回目
準備学習 テキストを読む。
レジュメを見直す。
講義でとりあげた絵本・紙芝居の作者の作品を読む。
評価の方法・観点 筆記試験2回 80%
小レポート4回 20%
メッセージ 幼稚園現場の体験談をもとに、子ども達についてや、先生の姿勢について熱く語ります。