本文へジャンプ
幼児教育学科のシラバス


保育内容研究Ⅱ(専門教育)

担当教員  中村 暁子
授業形態・単位等 演習、1単位
授業の概要  1.音楽を用いて自己を豊かに表現し、幼児教育の場に於いて子供達の心の表現を促し、その可能性を引き出す力を身につける。声と体と心の使い方を学ぶ。
2.音楽療法における子どもとの係わり方を学ぶ。
学生の到達目標  1.幼児教育の中で、音楽、特に声による活動を自由に展開できる。
2.子供たちとの音楽活動を細やかな感性を持って展開できる。
3.豊かな即興力を持って、子供達の可能性を引き出してゆくことができる。
4.音楽・心・身体の関係を知り、表現に生かすことができる。
5.音楽活動を通して、互いの弱点と長所を理解し合い、子供たちへの応用にまで発展させることができる。
授業計画 1.オリエンテーション
 科目説明(授業内容、準備学習、評価について)
 発声のポイントについて。
 音楽療法について。
2.発声、言葉、音楽による表現(演習)
 個性に応じた発声練習と言葉との関わりを体験する。
 高齢者、ターミナルケア、精神科における音楽療法での歌唱について体験する。
3.発声、言葉、音楽による表現(演習)
 伴奏の簡略化と音楽療法的手法を学ぶ。
4.音楽の心理的、生理的作用について学ぶ(講義)
5.発声と歌唱について(演習)
 発声練習。
 子どもの発声・発語を促し、コミュニケーションをはかるための楽器や声の生かし方を学ぶ。
6.音楽と表現(演習)
 即興演奏を体験する。
 音楽療法におけるアプローチを学ぶ。
7.音楽と表現(演習)
 声や楽器を介して子どもの自己表現を促し、一人ひとりを認め合うことを学ぶ。
8.リトミックについて(演習)
 リズムオスティナート、身体表現を体験する。
9.集団セッションについて(演習)
 音楽療法での集団力動を学ぶ。
10.~13.歌唱練習とロールプレイ(演習)
 発声、表情、詞の表現を学ぶ。
 場の持ち方を学ぶ。
14.歌唱練習(演習)
 手話歌唱曲を練習する。
15.障害があっても楽に使える楽器について(演習)
 手作り楽器の作成。
16.試験(まとめ)
 ピアノ伴奏、手話等、歌唱に他の表現手段を加える。
 (5曲用意すること)
 試験終了後、結果の講評
準備学習 自己練習可能な方法を示しますので、発声は毎日必ず続けること。生活の中で発声に役立つ動きを意識すること。
評価の方法・観点 〇観点
1.自然な発声で、音量を保ち、発声や歌唱が可能であるか。
2.小さなことに対しても見逃すことなく、細やかな感性を持って楽しく表現してゆけるか。
3.何にでも興味を示し、積極的に取り組むことができるか。
4.声や楽器でコミュニケーションをとることができるか。
〇方法
 1.試験(実技…ピアノ伴奏・手話等による歌唱、場の持ち方)  60%
 2.授業参加への評価(発表の内容、質疑応答の評価等)  40%
メッセージ 歌うことが得手、不得手にかかわらず、心と声を見つめて下さい