本文へジャンプ
幼児教育学科のシラバス


保育内容研究Ⅰ(専門教育)

担当教員  櫛部 あつ子・岩野 布美子
授業形態・単位等 演習、1単位
授業の概要  1.乳幼児期の遊びの内容や、保育活動の展開に効果的な導入技術、年齢別有効な保育内容、多様な保育教材の活用効果を知る。
2.様々な保育教材に親しみ、製作や実践演習を通してその活用方法や保育効果を習得する
3.作品発表やグループワークを通して、互いに学び合い、自身の保育者としての姿勢の向上を目指す
学生の到達目標  ・表現活動~伝承遊び、言葉遊び、手遊び、集団遊び、積木遊びの面白さを体感する
・制作活動~手作り玩具、仕掛けペープサート、積み木の共同作業
・実践演習~エプロンシアター、パネルシアターの実践演習、個人作品の発表を通して、仲間同士が互いに刺激を受けて向上し、保育実習への意欲や自信に繋げていく
授業計画 1.オリエンテーション(保育技術の習得のねらいと、その効果)
2.表現活動(自己紹介、手遊び歌、わらべ歌、絵描き歌、簡単ゲーム、他 )
3.表現活動(手遊び歌、言葉遊び、面白クイズ、簡単ゲーム 他)
4.制作活動(折り紙の色々・・遊べる折り紙、役立つ折り紙、他 )
5.集団遊び(伝承遊び、共同身体ほぐし遊び、チーム対抗遊び、会場308)
6.実践演習(パネルシアターの魅力と効果、練習 )
7.実践演習(同上の練習、個人発表)
8.実践演習(エプロンシアターの魅力と効果、練習 )
9.実践演習(同上の練習、個人発表)
10.積み木活動(オリエンテーション・個別作業)
11.積み木活動(共同作業・迷路づくり )
12.積み木活動(共同作業・ドミノ製作 )
13.積み木活動(共同作業・巨大円筒製作 )
14.積み木活動(共同作業・街製作とクリスマス )
15.製作と発表(仕掛けペープサート製作と発表)
準備学習 ・必需品準備(はさみ、のり、セロテープ、クレヨン、マジック、色鉛筆など)
・日本の伝承遊び(あやとり、けん玉、お手玉、折り紙、コマ)、手遊び・絵本・紙芝居などに積極的に親しむと共に、遊びの年齢別配慮について理解する
・観察実習体験や図書館の保育教材を積極的に活用し、保育技術の習得に意欲を深める
評価の方法・観点 ・実践演習(パネルシアター、エプロンシアター、手遊び他の保育実践 )40%
・グループ活動(共同活動への意欲、積極的な協力姿勢 )20%
・個人作品(アイディア作品、仕掛けペープサート作品)40%

メッセージ 遊びの豊富な保育者は子どもの人気者。遊びを習得し保育のプロを目指そう