本文へジャンプ
幼児教育学科のシラバス


造形表現法(専門教育)

担当教員  生駒 英法
授業形態・単位等 演習、1単位
授業の概要  1.保育士及び幼稚園教諭のための、造形表現の基礎的な実践を行う。
2.保育現場で使用する様々な材料や用具の扱い方や造形表現に関する知識や技能を身につける。
3.造形活動の中での重要な事は「表現をする楽しさ」である。楽しく表現を行うという事を演習の中で学ぶ。
学生の到達目標  1.造形活動で用いる材料、用具の使用方法について理解できる。
2.基礎的な技法について理解し身につけ、工夫し表現できる。
3.造形表現の面白さ、楽しさを体得し、幼児の造形指導に役立てることができる。
授業計画 1.オリエンテーション
 授業紹介、自己紹介、折り紙でおもちゃ製作
2.平面技法1(演習)
 デカルコマニー、糸引き絵、吹き絵
3.平面技法2(演習)
 綿棒筆、にじみ絵
4.平面技法3(演習)
 窓のある絵、ポケットのある絵
5.平面技法4(演習)
 ビー玉絵、紙版画、折って開く絵
6.平面技法5(演習)
 はじき絵、スクラッチ
7.平面技法6(演習)
 スポンジ画
8.平面技法7(演習)
 段ボールスタンプ、シャボン玉絵
9.ポップアップカード1(演習)
 パクパクカード、とびだしカード
10.ポップアップカード2(演習)
 平行ボックスカード
11.ポップアップカード3(演習)
 ひっぱりカード、二本足カード
12.ポップアップカード4(演習)
 山々カード
13.ポップアップカード5(演習)
 ボックスカード
14.ポップアップカード6(演習)
 立つ家カード
15.まとめ、総括(演習)
 製本作業
準備学習 1.次週の授業内容を予告し、アイデア、イメージ等の準備をしておく。
2.授業の継続性を大切にして、表現力を育む。
3.造形活動で使用する用具を準備しておく。
評価の方法・観点 作品提出                    50%
取り組む姿勢(忘れ物、提出期限の遅れ等減点対象)30%
レポート提出                  20%
メッセージ 楽しく造形活動をしましょう。