本文へジャンプ
幼児教育学科のシラバス


環境論(専門教育)

担当教員  吉川 修
授業形態・単位等 演習、1単位
授業の概要   今日の子どもを取り巻く自然、社会的環境から、幼児の心身の発達課題をとらえ、生きる力を培う領域「環境」の役割について理解する。又、子どもが環境に関わる力を培う方法について実践例を通して学び、教材提供の実際について演習する。
1.今日の子どもの現状と取り巻く環境の実態を把握し、領域「環境」の教育保育での役割をとらえる。
2.子どもが環境との関わりを深める保育の実践例を分析し、保育を進める視点をとらえる。
3.子どもを取り巻く自然環境や社会環境に関心を持ち、体験を通して提供する事柄をとらえる。
4.子どもが環境との関わりを深める保育の実践例を分析し、保育を進める視点をとらえる。
学生の到達目標  1.領域「環境」の目標、ねらい、内容についてとらえ、保育上の役割を理解できる。
2.領域「環境」の保育内容に関連した保育実践例を読み解き、保育における役割を説明できる。
3.子どもを取り巻く環境に関連した多様な事象に関心を持ち、積極的に体験しようとする姿勢を持つ。 
授業計画 1.オリエンテーション
 科目説明(概要・到達目標・事業計画・準備学習・評価の方法や観点)
 演習グループ分け
2.領域「環境」の保育教育的役割(講義)
 幼稚園教育要領・保育所保育指針での位置づけ
3.里山保育から、領域「環境」の実践に学ぶ(演習)
4.子どもの育ちに関わる現代の生活環境と保育上の課題(講義)
5.幼児期の発達課題と環境との関わりを理解する(講義)
6.子どもの活動を引き出す保育環境(講義)
7.小試験とグループ発表課題の検討
8.ものとの関わりにおける子どもの育ち(グループ発表・検討)
9.生き物との関わりにおける子どもの育ち(グループ発表・検討)
10.自然・季節との関わりにおける子どもの育ち(グループ発表・検討)
11.地域社会・施設との関わりにおける子どもの育ち(グループ発表・検討)
12.情報環境・文化財との関わりにおける子どもの育ち(グループ発表・検討)
13.数量・図形への興味と認識の育ち(グループ発表・検討)
14.文字・標識への興味と認識の育ち(グループ発表・検討)
15.講評とまとめ
 子どもの環境への関わりを促す保育者の役割(講義)
準備学習 予習票の提出、グループ発表の資料づくり
評価の方法・観点 予習票、小試験、グループ発表の内容、グループ発表に基づくミニレポート、出席状況を総合的に判断し評価する。
メッセージ 予習票、小試験、グループ発表の内容、グループ発表に基づくミニレポート、出席状況を総合的に判断し評価する。