本文へジャンプ
幼児教育学科のシラバス


健康論(専門教育)

担当教員  長津 詩織
授業形態・単位等 演習、1単位
授業の概要  1.幼稚園教育要領、保育所保育指針における保育内容『健康』の位置づけと意義を理解することができる。
2.子どもの心身の発達と健康指導の基本を理解する。
3.保育を安全に行うための基本を理解する。
学生の到達目標  1.健康の概念の時代的変遷と、現代社会の健康の定義を説明できる。
2.子どもの発達をふまえた健康に関する援助を説明できる。
3.幼児期の運動と遊びが健康に及ぼす影響を説明できる。
4.生活習慣の獲得および運動遊びにおける保育者の援助方法や配慮事項を説明できる。
5.事故の潜在危険や事故傾向について学び、保育を安全に行うための環境づくりや留意点を考えることができる。
授業計画 1.オリエンテーション
2.健康の時代的変遷と幼児教育で求められる「健康」
3.幼児期の身体発達と体力
4.~5.幼児期に適した身体活動
6.~7.幼児期に適した運動遊びの援助と展開
8.安全への配慮
9.~11.幼児期における生活習慣の獲得と保育者の援助
12.幼児期における食育
13.まとめ
14.ロールプレイ
15.テスト
16.講評
準備学習 ・これまで得た幼児の発育・発達に関する知識を復習しておく
・保育現場での見学や実習で観察された領域「健康」に関わる保育者の援助方法を振り返り、その意味を考えておく
評価の方法・観点 筆記試験 70%  授業への取り組み 20%  演習への取り組み 10%
メッセージ 子どもの健康な生活を支えるための基礎知識を学びましょう