本文へジャンプ
幼児教育学科のシラバス


保育内容総論(専門教育)

担当教員  井上 薫・吉川 修・塚本 久仁佳
授業形態・単位等 演習、1単位
授業の概要  1.幼稚園教諭免許・保育士資格の必修科目である。
2.保育所保育指針や幼稚園教育要領における目標、子どもの発達、保育教育内容などを総体的に理解するともに、保育所保育指針・幼稚園教育要領の各構成のつながりを読み取り、保育の全体的な構造を理解する。
3.保育指導案の作成に基づく模擬保育などを通して、保育全体を総合的に理解する。
学生の到達目標  1.保育の基本と保育内容の全体構造について説明できる。
2.保育内容の歴史的変遷と現在の保育内容の関係について説明できる。
3.子どもや子ども集団の発達の特性や発達過程、保育内容と子ども理解との関わりについての学びを指導案に書くことができる。
4.子どもの生活全体を通して養護と教育が一体的に展開することを踏まえて、具体的な保育実践を考え、表現する努力ができる。
5.指導案作成・模擬実践の集団的検討を通して、保育の多様な展開に気付き、自己の考えを述べることができる。
授業計画 1.オリエンテーション
 科目の説明(概要・到達目標・授業計画・準備学習・評価の方法や観点など)
 保育の基本と保育内容(講義)
2.幼児教育の歴史的変遷(講義)
 時代による保育内容の変遷を知る
3.世界の幼児教育(ビデオ視聴、演習)
 フレーベル・モンテッソーリの保育の原点と、現在の保育とのつながり
4.養護と教育(ビデオ視聴・演習)
 保育所保育指針・幼稚園教育要領の保育現場での具現化について
5.保育内容の計画(講義)
 保育課程・教育課程の内容理解と保育の計画性について
 指導案の全体構造と子ども理解
6.指導案の作成(演習)
 規範の指導案の視写
7.「朝の会」の指導案検討(演習)
8.9.保育模擬演習(演習)
 各自作成の「朝の会」指導案による保育演習
10.「製作」の指導案検討(演習) 
11.12.保育模擬演習(演習)
 各自作成の「製作」指導案による保育演習
13.遊びと学び(講義.演習)
 幼児にとって遊びとは何か
14.手遊び、絵本、紙芝居演習
 それぞれの基本を押さえた模擬保育
15.まとめ
準備学習 1.保育所保育指針・幼稚園教育要領は必ず読み通すこと。
2.模擬保育のための諸準備(構想、材料調達、指導案作成)には、余裕を持って取りかかること。
評価の方法・観点 講義時のミニレポート、各グループワークの実践報告と反省、指導案及び模擬保育への参加状況などを総合的に評価する。
指導案(実践・参加状況を含む)70%、ミニレポート等提出物30%
メッセージ 本教科と「教育保育実習指導」との間で調整し、連続した時間で授業を行う場合がある。