本文へジャンプ
幼児教育学科のシラバス


教育・保育課程論(専門教育)

担当教員  北明 正紘
授業形態・単位等 講義、2単位
授業の概要  1.学生は、幼児教育に関わる者として、その基本となる「幼稚園教育要領」「保育所保育指針」の理解に努める。
2.学生は、多様な「学び方を学ばせる」場面づくりが求められていることを踏まえ、それに必要な基本的な知識をできるだけ体系的に学習に努める。
3.学生は、現場で使われた指導案の視写に基づいた指導案づくりや、各種の実務的なものについても、できるだけ実践的な体験となる学習に努める。
学生の到達目標  1.それぞれの5領域の内容について、意欲的に学習し発表できる。
2.論作文や各種応用問題、確認テストに対しても、向上心を持てる。
3.時間ごとに明示する講義・演習内容に、意欲を持てる。
4.教育実習に必要な書類作成、作法、言動について具体的に実行できる。
授業計画 1.オリエンテーション
2.「幼児教育資料I」「幼稚園教育要領『健康』」に学ぶ
3.「幼児教育資料II」「幼稚園教育要領『人間関係』」に学ぶ
4.「幼児教育資料III」「幼稚園教育要領『環境』」に学ぶ
5.「幼児教育資料IV」「幼稚園教育要領『言葉』」に学ぶ
6.「幼児教育資料V」「幼稚園教育要領『表現』」に学ぶ
7.「幼児教育資料VI」「教師の姿勢1」に学ぶ
8.「幼児教育資料VII」「教師の姿勢2」に学ぶ
9.「幼児教育資料VIII」「教師の姿勢3」に学ぶ
10.「幼児教育資料IX」「発達課題の特徴」に学ぶ
11.指導案への取り組み1
12.指導案への取り組み2
13.指導案への取り組み3
14.よき保育者を目指して
15.期末試験
16.演習の総括
準備学習 1.学生は、最初の時間に渡す「授業のながれ」に基づいて予習をしておく。
2.学生は、自らの短所・苦手の克服に長期的な視点で、計画的に取り組む。
3.学生は、先輩等から実習に資する情報を積極的に集め不安解消に努める。
評価の方法・観点 1.提出物には添削やコメントを通じて評価し、意欲づけをする。
2.評定は、期末試験(6割)、提出指導案・作文(3割)、出欠や真面目さなどを含めた客観的な受講態度(1割)として100点に換算し、本学の定める評価基準に基づいて評価する。
メッセージ 努力する学生を最大限に評価します。頑張りなさい。