本文へジャンプ
幼児教育学科のシラバス


教育史(専門教育)

担当教員  井上 薫
授業形態・単位等 講義、2単位
授業の概要  幼稚園免許の必修科目、保育士資格では選択必修科目です。記録された過去の教育的事象や教育についての考え方に触れた、次の学びを目的としています。
1.教育関係の史料から歴史的文脈・社会的背景を読み取る。
2.現在の教育関係の諸問題と関連づけて考える。
3.原典(翻訳版)を読み、考え方の一端に触れる。
※教職課程における「教育の基礎理論に関する科目」の「社会的・制度的・経営的事項」を含む教科目として位置付いています。
※現職保育士(科目等履修生)に対する「幼稚園教諭免許状」取得特例制度該当科目の一つです
学生の到達目標  1.主要な教育思想、学校・施設の経営状況と問題点、発祥の経緯などを説明できる。
2.関連史資料を探し、史資料を読み取り、まとめる。
3.現代の諸問題から関連する事象を想起できる。
4.教育思想の中から、現代教育の問題との共通点・相違点を記述できる。
授業計画 形態は講義[※の3つ、14回を除く]、※は講読・解説、★14回はグループワーク
1.ルネサンス・宗教改革期の体罰論争:エラスムスとルターの主張とその根拠
オリエンテーション;小レポート提出方法(各回の「:」に続く課題と今日の状況を意識)
2.3.近代における「子どもの発見」:子ども観の転換による教育方法の変化
 ※J.J.ルソー『エミール または教育について』
4.「赤ちゃんポスト」を設置した捨て子養育院の歴史:その運営と実態
5.産業革命期の児童労働と大量一斉教授への批判:モニトリアルスクールと幼児学校の違い
6.7.幼稚園の創設と普及:フレーベルの幼稚園運動と幼稚園禁止令後に普及した理由
 ※フレーベル『人間の教育』 ★14回授業時に報告したいものの内容調整
8.日本における幼児教育・保育施設のはじまり:幼保二系統の起源と一元化の試み
9.10.「子どもの家」での実践:モンテッソーリ法、注目度の浮き沈みとその背景
 ※M.モンテッソーリ『子どもの発見』
11.近代日本における国民教育の成立と問題:義務教育と国家主義教育
12.13.日本国憲法の成立と戦後教育改革・教育基本法:改正教育基本法・改憲論との対比
 ※「教育ニ関スル勅語」(原文・現代口語版)、教育基本法(新・旧)条文
14.教育または保育にかかわる歴史的事項、歴史的人物のグループ内発表
 (指定グループ内で受講者全員が各自調べ、まとめた内容を発表★)
15.植民地教育政策:伝統と「文明化」の相克・対立
準備学習 1.上記の授業計画のテーマと項目番号に対応させて、現代にも関わるそれぞれの課題を意識して授業に臨むとよい。
2.★14回は、指定グループ内で受講者全員が「教育または保育にかかわる歴史的事項、歴史的人物」について互いに発表を行う。予め(7回目頃)「歴史的事項、歴史的人物」のうち何を調べるか、各指定グループ内で調整を行う。
評価の方法・観点 1.受講者全員が行なう「教育または保育にかかわる歴史的事項、歴史的人物」についてのレポート(報告10%、内容50%)
2.全講義時間のうち4回を選んで、指定期日までに教員宛に小レポート(理解したことと自分の見解(300字以上))を提出する(40%=最大各回10点を4回)。
メッセージ 歴史的事項を覚える必要はない。当時のリアルさを想像し、今日の私たちとの関連性を探ってほしい。現代の保育の制度については「教育原理」で詳しく説明する。