本文へジャンプ
幼児教育学科のシラバス


教育心理学(専門教育)

担当教員  塚本 久仁佳
授業形態・単位等 講義、2単位
授業の概要  生涯発達の観点から、胎児期より老年期までの人の発達について学び、人との交わりや子どもの興味関心など子どもが発達していく過程について理解を深める。子どもの発達を支援するために、保育者はどのようにかかわっていくことが求められるのかを学び、保育のありかたと発達のつながりを考察する。
学生の到達目標  1.子どもにかかわる心理学の基礎を学び、乳児期からの発達について説明できる。
2.保育をしていく上で、保育者のかかわりがどのように子どもに影響を与えていくのかを理解し、望ましいかかわり方を説明することができる。
授業計画 1.ガイダンス・発達と保育のつながり
2.発達の基本的な考え方 発達の過程・発達段階
3.初期発達の意味 発達の生物学的基礎・初期経験・初期環境・個体差
4.第1回試験 子どもの発達
5.胎児期から乳児期の発達
6.幼児期の発達
7.児童期の発達
8.第2回試験 成人期の発達 
9.老年期の発達
10.遊びの意義・分類・発達・仲間関係
11.仲間関係と思いやりの発達
12.第3回試験 自己主張
13.自我の発達と自己主張
14.興味・関心と質問行動
15.第4回試験 まとめ
準備学習 教科書の予定されたページを読んでおくこと。
評価の方法・観点 ・講義期間中に筆記試験を4回実施し、その合計得点により評価する(20点×4回。再試験は実施しない。)
・講義中に口頭試問や小レポート課題を実施する。(20点)
メッセージ 自分が子どもだった頃の気持ちを思い返しながら受講してください。