本文へジャンプ
幼児教育学科のシラバス


教育原理(専門教育)

担当教員  井上 薫
授業形態・単位等 講義、2単位
授業の概要  幼稚園教諭免許・保育士資格取得のための必修科目です。この講義では、保育の制度・思想などにかかわる次の学びを目的としています。
1.幼稚園、保育所および認定こども園に関する基本的な法制度を理解する。
2.代表的な幼児教育の理念および思想を理解する。
3.保育・幼児教育全般に影響を及ぼす子どもたちの周辺世界の諸事象に関心を持つ。
学生の到達目標  1.法令の仕組みを理解し、調べることができる。
2.幼稚園・保育所・認定こども園を取り巻く社会的状況や問題点、保育の考え方を説明できる。
3.教具の意味と働きを説明できる。
4.子どもを取り巻く諸事象に関する資料を収集し、問題を把握できる。
5.諸課題に対し自らの見解を加えることができる。
授業計画 1.幼稚園、保育所および認定こども園をめぐる情勢と法制度1(講義・演習)
 オリエンテーション、法制度の概要、法律と命令、『文部科学法令要覧』を開く
2.幼稚園、保育所および認定こども園をめぐる情勢と法制度2(講義)
 改正・追加の表現、現在の学校制度
3.幼稚園、保育所、認定こども園と法令1(講義)~ 幼稚園
4.幼稚園、保育所、認定こども園と法令2(講義)~ 保育所
5.幼稚園、保育所、認定こども園と法令3(講義)~ 認定こども園
6.保育をめぐる環境の変化1(講義)~ 女性労働と「規制緩和」
7.保育をめぐる環境の変化2(講義)~ 保育政策と「規制緩和」
8.(予定)子どもを取り巻く世界から(演習・グループワーク)
 各自の選んだ「保育」「子ども」についての記事や話題をグループ内で相互に発表し、論点や問題点を共有する。
9.幼児教育思想と教具1(講義・演習)~ フレーベルの教育思想と教具
10.幼児教育思想と教具2(講義・演習)~ モンテッソーリの教育思想と教具
11.保育のあり方1(講義)~ 自由保育のいくつかの捉え方
12.保育のあり方2(講義)~ 集団保育の力と死角
13.保育のあり方3(講義)~ 発達と「関係性」の捉え方
14.宗教と保育1(講義)~ 仏教保育のめざすもの
15.宗教と保育2(講義)~ キリスト教保育のめざすもの
準備学習 1.授業計画のうち(3)以外では、予習用の簡単な調査項目かクイズを用意したい。
2.授業の中盤以降で実施する授業計画「(3)」で示した各自の報告のためには、日常的な情報収集が必要。情報の収集や保管方法・手順については、授業初回に伝える。学科行事の関係でグループワークの日程が前後する場合は事前に伝える。また、配付資料は整理してまとめておくこと。
評価の方法・観点 1.基本事項の理解、それらに対する各自の見解が示されているかを中間・最終レポート、資料(新聞記事など)へのコメントによって評価する。
2.法制度関係が一段落した中間段階で、中間レポートを行う予定。
3.資料へのコメントとは、「保育」「子ども」に関連する資料を探し、その資料の概要をまとめ、資料に自分の考えをコメントして提出するもの。
4.評価は、中間・最終レポートで70%、資料へのコメントで30%とする。
メッセージ 教育の思想と歴史的変遷については、「教育学」や「教育史」で深めることができます。調べ、整理する力もつけましょう。