本文へジャンプ
幼児教育学科のシラバス


保育者論(専門教育)

担当教員  吉川 修
授業形態・単位等 講義、2単位
授業の概要  幼稚園における教職の意義や保育所等における保育士の役割等を学び、それぞれの職務内容を理解し、自らの適性を考察し課題を明らかにする。
1.保育者の役割と倫理について理解する。
2.幼稚園や保育所の制度的な位置づけを理解する。
3.保育者の専門性について考察し、理解する。
4.保育者の協同や専門職としての成長について理解する
学生の到達目標  1.保育の専門職者として、幼児教育や保育のあり方についての課題を理解し、保育者像を持てる。
2.保育という仕事の多様性に気づき、種々の課題について考察することができる。
3.一人一人が学びの課題を持ち、自らの考えを持つことができる。
授業計画 1.オリエンテーション(講義・小演習)
 科目説明(概要・到達目標・授業計画・準備学習・評価の観点や方法など)
 保育者を目指す学びに意欲を持つ
2.保育者に求められる資質(講義・小演習)
 保育者の今と未来をつなぐ職務の魅力
3.保育という仕事(講義・小演習)
 子どもが育つ環境と保育の課題と多様なニーズ
4.保育者の役割と専門性(講義・小演習)
 幼児教育・保育の専門性についての考察
5.制度的な環境の理解
 幼稚園教育要領・保育所保育指針
6.子どもの成長と発達の視点と保育(講義・小演習)
 目的を持った保育行為・乳幼児の育ちと指導計画
7.保育の方法(講義・小演習)
 保育の形態と指導方法・特別なニーズを持った子どもの保育
8.家庭における子ども(講義・小演習)
 子育ての状況と親のおかれている状況・子育てサポート
9.保護者との連携(講義・小演習)
 保護者との関係づくりと保護者の権利擁護
10.地域のなかの保育者の役割(講義・小演習)
 子育ての地域環境・虐待への対応
11.地域のなかの施設として役割(講義・小演習)
 幼稚園・保育所や保育者が果たす役割
12.保育者集団と職場環境(講義・小演習)
 保育者集団のあり方と研修とその権利
13.私が目指す保育者像(演習、小論文)
14.自己変革する保育者を目指して(講義・小演習)
15.定期試験
16.講評とまとめ
 定期試験講評・子どもと保育者の人間的成長(講義)
準備学習 事前にテキスト上の講義範囲を予告し予習学習を課す。予習票には、感想、疑問点、意見等を記入し提出する。
評価の方法・観点 日常提出課題(予習課題、講義毎の小演習)
小論文、定期試験、出席状況をもって総合判定をする
メッセージ 保育者を目指す学ぶ意欲を持ち、自分を見つめる意識を持とう。