本文へジャンプ
幼児教育学科のシラバス


レクリエーション実技(専門教育)

担当教員  長津 詩織
授業形態・単位等 実技、1単位
授業の概要  1.参加者が気持ちよく参加できるようレクリエーション支援者としての対応の仕方や表現力を磨く。
2.より円滑なコミュニケーションを生むための技法を習得する。
3.各種レクリエーション種目の活動のねらい・ルールを理解し、技術を身につけ、様々な場面で提供できるよう指導方法を習得する。
学生の到達目標  1.レクリエーション支援者としてホスピタリティを身につけ自己表現できる。
2.場面や目的に応じたアイスブレーキングゲームを選択し実施できる。
3.自分が提供可能な芸術・文化・学習活動に関連した種目について説明し実施できる。
4.対象者にあわせて様々なレクリエーション種目の応用できる。
5.アイスブレーキングやレクリエーション種目の指導計画に基づき指導できる。
6.ロールプレイの振り返りにより自己の課題を確立できる。
授業計画 1.オリエンテーション
2.~4.コミュニケーション・ワーク
  ・ホスピタリティ・トレーニング、アイスブレーキングの技法
5.~10.レクリエーション種目の実際
  ・芸術、文化、学習活動に関連した種目
  ・保育、福祉レクリエーション
  ・対象者に合わせたアレンジ
  ・芸文学のアクティビティ
  ・暮らしを楽しむアクティビティ
11.~15.支援実習
  ・ロールプレイ
  ・アイスブレーキングの実習
  ・行事を実施、評価する技術の演習

受講者数によって、授業計画の時数は多少前後します
準備学習 ・レクリエーションや、関連する幅広い文化活動について調べる
・レクリエーションおよび集団遊びの進めかたやアレンジ方法について、保育現場での見学実習等の機会によく観察しておく
・ロールプレイの準備
評価の方法・観点 ・ロールプレイ観察評価 50%
・レポート       50%
メッセージ まずはレクを楽しみましょう。それから、対象者が楽しめるレクのコツを考えていきましょう