本文へジャンプ
幼児教育学科のシラバス


保育相談支援(専門教育)

担当教員  塚本 久仁佳
授業形態・単位等 演習、1単位
授業の概要  保護者に対する保育相談支援の意義について学び、保護者支援の方法や保護者との信頼関係の重要性について理解する。保育所等の児童福祉施設における保育相談支援の実際について現場の声を聞きながら、保育相談支援の在り方について考察する。
学生の到達目標  1.保護者支援の基本や方法を理解し、説明することができる。
2.支援者の話を聞き、保育相談支援の必要性や今後の課題について説明できる。
授業計画 1.ガイダンス 保育相談支援の意義
2.保育相談支援の方法 I
3.保育相談支援の方法 II
4.児童虐待への支援 I
5.児童虐待への支援 II  レポート1
6.児童虐待への支援 III レポート2
7.保育相談支援の実際 I
8.保育相談支援の実際 II
9.ロールプレイ I
10.ロールプレイ II
11.ロールプレイ III
12.地域の関係機関との連携 レポート3
13.試験 保護者支援のまとめ
14.医療機関における保護者支援I
15.医療機関における保護者支援II レポート4
準備学習 ・準備学習よりも、学習後に振り返りをすること。
評価の方法・観点 ・試験(60点)
・小レポート(40点)
メッセージ 演習を多く行います。支援する側、される側の気持ちを考えながら受講してください。