本文へジャンプ
幼児教育学科のシラバス


社会的養護内容(専門教育)

担当教員  佐藤 勝司
授業形態・単位等 演習、1単位
授業の概要   児童福祉の理念について理解を深めるとともに児童福祉施設における児童養護のあり方、各施設の施設養護の問題点(ウェルフェアwelfareからウェルビーイングwell-beingへの転換)や課題について学習を深める。又子ども家庭福祉の重要性についても自ら学ぶことによって保育士の役割や援助技術に対する専門性を身に着ける。
1.健全な児童とはどういう状態の子どもなのか、児童の権利擁護などとともに学ぶ
2.社会的養護や施設養護の実際や家庭福祉、地域福祉を学ぶ
3.個別支援計画(ケースワーク)や自立支援、社会参加のあり方について学ぶ
4.被虐待児や発達障害児などの治療的ケアを学ぶ
学生の到達目標  1.施設養護の内容と実際を学び、具体的に説明できる
2.社会的養護である施設養護の基本原理を理解し説明できる
3.施設養護と地域社会との連携や、ケースマネジメントについて理解できる
4.施設学習の意義を学び、保育士と子どもとの関わり方を考えられる
5.自分の考えを的確に相手に伝わるようにすることができる
授業計画 1.オリエンテーション
2.児童養護の意義と目標(保育士の倫理他)
3.~5.児童福祉施設の養護内容(演習)
6.児童福祉施設と人権(親権、人権侵害について演習)
7.被虐待児の治療的ケア(演習)
8.家庭、地域との連携について(相談、親子関係の調整、里親制度)
9.障害児の現状と支援
10.児童虐待防止法の施行と社会的意義(DV法他)
11.処遇困難児の特性と支援(事例分析他)
12.発達障害者支援法と支援(LD、ADHD他)
13.専門技術とその応用(演習)
14.援助技術計画の記録と評価
15.テスト(筆記試験)
16.テスト講評と今後の社会養護の展開
準備学習  児童福祉施設に入所している子どもたちの心身の発達を保証し、権利を擁護することは人格形成を図る上で大変重要である。
・子どもの自己実現(well-being)をいかに図っていくか、子どもを正しく理解するためにも自分の考え及び意見をまとめておく。
・家庭や児童福祉施設での人権侵害などの事例を調べ、子どもの権利擁護や養育のあり方などを考えておくことが重要である。
評価の方法・観点 筆記試験(70%)、レポート提出・授業中の発表力・準備学習内容など(30%)の総合評価とする。
メッセージ 保育士は地域の子育て支援を担う者として大変重要視されている。将来の専門職として充実した学習を望む