本文へジャンプ
幼児教育学科のシラバス


家庭支援論(専門教育)

担当教員  岩野 布美子
授業形態・単位等 講義、2単位
授業の概要  ・現代社会における子育て家庭の実態や特徴、夫婦、親子の人間関係について理解を深める
・戦後から近代にかけて日本家庭の歴史的変化を知ると共に、現代家庭が抱える様々な不安やストレス、乳幼児虐待の背景について考察し理解する。
・保護者の理解と適切な支援内容、地域専門機関との連携による支援の実際を学ぶ
・保育者に求められる支援者としての理念や姿勢、支援の役割りと意義について学ぶ
学生の到達目標  ・乳幼児期の子どもの養育環境として、家庭が果たす役割と意義について説明できる
・保育者には保護者との信頼関係を元に乳幼児期の健やかな成長を育む「子育てのパートナー」としての役割があることを理解し、保育援助技術の向上に努力することができる
・近年増加する乳幼児虐待の原因が、家庭環境や社会的背景に問題があることを理解し、「虐待の早期発見」、及び子育ての悩みを抱えた保護者への「虐待の要望啓発」を推進する意義について説明できる。
・不適切な養育家庭への支援は「公的責任}であり、保育者と専門機関や専門家との密接な連携により作成した具体的支援内容を説明することが出来る。
授業計画 1.オリエンテーション(家庭支援論のねらいについて)
2.第1章 家族とはなにか(家庭支援論のねらいについて)
3. 家庭生活を取り巻く社会的状況について
4.第2章 家族と子育て(現代家族をめぐる子育て環境)
5.    きょうだい、祖父母とのかかわり ( 報道の事例から学ぶ )
6.第3章 現代家族の子育てと支援の必要性(子育てのストレス・虐待の背景)
7. 特別な配慮を要する子どもを持つ親、ひとり親家庭への支援 事例検討
8. 1~3章振り返り、小テスト
9.第4章 子育て支援の方法  
10.   子育て支援の施策、子育て支援と保育者の役割り
11.第5章 家庭支援の展望と課題(多様化する家庭支援のニーズと課題)
12.    子ども虐待の予防・早期発見・支援(チェックリストの活用)
13.第6章 保護者の心を聴くために(保育者に求められる資質)
14.第7章 様々な家庭との関わり(事例検討)
15.4~7章振り返り、期末テスト
16.まとめ 家庭支援に果たす保育者の役割り
準備学習 ・テキストの予習・復習
・新聞、TV、報道による乳幼児虐待の記事に関心を持ち、地域の親子関係、子育て不安、虐待の背景について考察を深める
・自分の家族、親せき、地域社会の人間関係を振り返り、多世代の交流の意義を知る
評価の方法・観点 ・筆記試験(中間テスト、期末テスト)90%
・テーマ別レポートの内容 10%
メッセージ 次世代を担う子どもの未来を支える役割が、地域社会の大人に課せられている。