本文へジャンプ
幼児教育学科のシラバス


発達心理学(専門教育)

担当教員  塚本 久仁佳
授業形態・単位等 演習、1単位
授業の概要  発達と保育のつながりについて学び、子どもの自主性や自信をはぐくむために必要なかかわり方について理解を深める。発達への援助の基本的考え方や、子育て支援、保育カウンセリングの基礎について学び、保育において人と人のつながりや、保育者自身の自己理解が必要であることを理解する。
学生の到達目標  1.遊びを通した子どもの成長や学びについて理解を深め、子どもの自主性や自信をはぐくむためにどのような保育が求められるのか説明できる。
2.発達への援助や子育て支援について学び、保育者の援助・支援がどのように重要であるか説明できる。
授業計画 1.ガイダンス 発達への援助の基本的考え方・保育者による発達援助
2.発達の障害とその保育における対応 
3.子育て支援と保育カウンセリングの基礎I
4.子育て支援と保育カウンセリングの基礎II
5.第1回試験 ことばの発達
6.ことばと発達・書きことば・保育者のことば
7.数量概念の発達と指導
8.第2回試験 自我の発達と関係の認識
9.自主性
10.意志と選択行動
11.第3回試験 自主的な行動の実際
12.身体発達と運動保育
13.もちあじ 性格と個性
14.子どもの自信を育む
15.第4回試験 まとめ
準備学習 予定された授業内容についてテキストを読んでおくこと。
評価の方法・観点 講義期間中に試験を4回実施する(20点満点×4回)。
再試験は実施しない。
また、講義中小レポートと口頭試問を行う(20点)。
メッセージ 子どもの気持ちに寄り添える保育者になれるよう、子どもの気持ちを考えながら受講してください。