本文へジャンプ
幼児教育学科のシラバス


障害児保育Ⅱ(専門教育)

担当教員  塚本 久仁佳他
授業形態・単位等 演習、1単位
授業の概要  さまざまな障害について理解を深め、子どもへの支援や保護者への支援の実際について学ぶとともに、障害のある子どもの保育にかかわる医療・福祉・教育等の現状と課題について理解する。
学生の到達目標  1.肢体不自由、知的障害、聴覚障害、視覚障害などさまざまな障害について学び、それぞれの障害の基本的な特性や障害のある子どもへの支援方法について、説明することができる。
2.関係機関との連携について学び、どのような機関があるのか、それぞれの役割や連携することの重要性について記述することができる。
授業計画 1.ガイダンス 障害児保育I の復習     
2.特別支援学級・特別支援学校について
3.肢体不自由児(様々な障害・合併症など)について     
4.肢体不自由児への支援について1(環境・事例など)      
5.肢体不自由児への支援について2(家庭への支援)       
6.地域の専門機関等との連携                 
7.レポート1 肢体不自由児についてのまとめ    
8.知的障害児(ダウン症、自閉症スペクトラム等を含む)について
9.知的障害児への支援について(環境・事例等)        
10.知的障害児への支援について(家庭への支援)        
11.レポート2 知的障害児についてのまとめ    
12.聴覚障害について           
13.視覚障害について
14.レポート3 特別支援学校卒業後について
15.共に学ぶこと(グループワーク)    
準備学習 障害児保育Iの復習をしておくこと。
評価の方法・観点 3回のレポートの合計得点で評価する。
メッセージ