本文へジャンプ
幼児教育学科のシラバス


障害児保育Ⅰ(専門教育)

担当教員  小林 麻如
授業形態・単位等 演習、1単位
授業の概要  障害に関する知識と適切な関わりが可能となる技能の習得を目指し、障害のある子どもの保育に関わる保育者の役割について実践的に学ぶ。
学生の到達目標  ・保育現場で出会う障害のある子どもの障害特性を理解すると共に、そこで必要な配慮や望ましい保育について理解できる。
・専門機関、小学校及び保護者との連携の中で求められる保育者の役割について理解できる。
授業計画 1.障害とは何か
2.障害の理解1
3.障害の理解2
4.知的遅れのある子どもの保育
5.発達障害のある子どもの保育1
6.発達障害のある子どもの保育2
7.発達障害のある子どもの保育3
8.情緒障害のある子どもの保育
9.10.発達障害の疑似体験、他
11.保育における工夫と配慮1
12.保育における工夫と配慮2
13.ほぐし遊びの実践
14.保護者への支援
15.特別支援教育と障害児保育
16.試験
準備学習 実習先で出会う子どもたちの姿と結びつけながら学習できるとよいでしょう。テキストや配布資料を参考に、毎回授業の復習をし、積極的に課題意識を持って、主体的に学んでほしいと思います。
評価の方法・観点 毎授業における「学びのレポート」 (30%)
「期末試験(筆記)」 (70%)
メッセージ 積極的に課題意識を持って、主体的に学んでください。