本文へジャンプ
幼児教育学科のシラバス


乳児保育Ⅱ(専門教育)

担当教員  根本 かずゑ
授業形態・単位等 演習、1単位
授業の概要  ・乳児の育ちは環境やお互いの関わりによって発達していく。特に重要なのは人との関わりである。発達の特性や保育課程を学び、ひとりひとりの発達の援助を行うことが出来るように知識を深める。
・社会における乳児保育の課題について学ぶ。
学生の到達目標  ・乳児とのコミュニケーションの重要性が理解できる。
・発達の基本となる保育課程を知り、個々の発達に応じた柔軟な計画作成ができる。
・育つことの連続性のなかで、社会や地域との関わりについて理解できる。
授業計画 1.オリエンテーション
2.~6.対人関係の発達と保育
 ・ことばで人とつながる
 ・ことばとはなにか
 ・人とかかわる
 ・対人関係の発達
7.グループ学習
8.~12.乳児保育と保育課程
 ・生活リズムと保育園の日課
 ・記録・保育日誌・連絡帳
 ・保育課程と保育計画
 ・週案・日案
13.乳児の養育環境
14.乳児保育の課題
15.乳児保育の振りかえりとまとめ
16.試験
準備学習 ・保育所保育指針を読んでみる。
・子育てに関する情報に興味・関心をもつ。
評価の方法・観点 ・講義後の提出カード   20%
・レポート        30%
・テスト         50%
メッセージ 笑顔で共感できるこころづくり