本文へジャンプ
幼児教育学科のシラバス


乳児保育Ⅰ(専門教育)

担当教員  太田 幸恵
授業形態・単位等 演習、1単位
授業の概要   乳児保育はあそび・生活の場面での連続であり、そのひとつひとつに発達的意味が含まれている。「子どもの育つ力」を軸に0歳児から2歳児までの発達と保育について具体的に学ぶとともに、乳児保育の社会における重要性についても学びを深める。
学生の到達目標  ・乳児保育の社会的役割を理解できる。
・0歳児から2歳児までの発達と保育の全体像を理解できる。
授業計画 1.オリエンテーション
2.乳児保育とは
 ・乳児保育の場・内容・歩み
3.乳児保育の一日
 ・保育園・乳児院・家庭的保育の一日
4.乳児の発達と保育内容(6ヵ月未満)
5.  〃       (6ヵ月~1歳3ヵ月未満)
6.  〃       (1歳3ヵ月~2歳未満)
7.  〃       (2歳)
8.身体機能の発達と保育(運動機能の発達と保育の役割)
9.  〃       (保育者の援助)
10.  〃       (手の機能の発達)
11.~13.基本的生活習慣の獲得と保育(食事・排泄・睡眠)
14.基本的生活習慣の獲得の意味
15.前期の振りかえりとまとめ
準備学習 ・子育てに関連する情報に関心をもつ。
評価の方法・観点 ・講義後の提出カード  20%
・ミニテスト      40%
・課題レポート     40%
メッセージ いま、この「いのち」を実感しよう!