本文へジャンプ
幼児教育学科のシラバス


社会的養護(専門教育)

担当教員  佐藤 勝司
授業形態・単位等 講義、2単位
授業の概要   現代社会における児童問題は、家庭・社会等の要因により大きく変化し、複雑多様化している。授業では、児童福祉の理念や課題について理解を深める。また児童の権利擁護や自己実現等について理解し、家庭や社会への関わり方など社会ニーズに対応し得る専門性を身につける。
1.児童養護の概念を理解する
2.施設における児童養護について理解する
3.児童福祉施設における専門職としての保育士の役割を理解する
学生の到達目標  1.社会的養護、家庭的養護の役割とそれを必要とする子どもたちについて考察し、説明できる
2.児童養護の歴史を学び、その意義と社会背景について理解し、説明できる
3.社会的養護の体系や各児童福祉施設の特質や役割について考察し説明できる
4.施設養護の実際や基本原理を学び、子どもとの専門性を踏まえた関わりについて学び説明できる
授業計画 1.オリエンテーション
・講義内容及び授業計画の概要の説明を受ける。グループ編成、レポート提出(課題・評価)についての説明を受ける。
2.社会的養護の理念と概念
・児童養護の「子ども観」や児童福祉法、児童憲章などを参考に要養護児童への正しい理解と関わり方を学び、将来目指す保育士像について意見発表する。レポート課題発表。
3.社会的養護の歴史と現状
・日本、イギリス、アメリカなどの児童養護の歴史背景、ノーマライゼーション、インテグレーション、インクルージョンについて考察する。
4.社会的養護と児童家庭福祉・児童養護の基礎概念
・児童養護の体系について(家庭、施設、里親)、家庭的養護と社会的養護、児童の権利に関する条約、子どもの権利と最善の利益について学ぶ。
5.~7.社会的養護の制度と実施体系・施設養護の種類と内容
・児童福祉施設の目的や形態、内容、ホスピタリズム等について学ぶ。(児童の養育環境、障がい、情緒、行動面の要因により利用すべき児童福祉施設の目的などを調べてくる)
8.児童養護の対象と養育環境の現状
・被虐待児の増加等の社会現象と養護ニーズなど養護問題の現状と支援のあり方について考える。(生活保護法、里親制度等について調べてくる)
9.施設養護の実際・施設養護における援助、支援
・児童養護施設における援助の実際を学ぶ。QOL、ADL、ケースワーク、グループワーク、コミュニティワーク等、治療的ケアを考える。(治療的ケアについて調べてくる)
10.日常生活における自立に向けた支援
・自立の概念、基本的生活習慣の獲得とエンパワメント、社会的自立に向けた支援のあり方を学ぶ。(インケア、リービングケア他)
11.親子関係、地域、学校等との関係調整
・ケアマネジメントなどを活用し家庭調整等の支援のあり方を学ぶ。(福祉施設と地域関係のあり方について学びまとめる)
12.児童相談所と児童福祉施設
・児童相談所の事業内容と児童福祉施設と家庭支援等について理解を深める。
13.施設の社会化
・地域社会の社会資源である児童福祉施設のあり方について、苦情解決、第三者評価の必要性を学ぶ。
14.チームワークとスーパービジョン
・施設養護におけるチームワークとスーパービジョンの重要性について考察する。
15.テスト
・筆記試験
16.テスト講評、児童養護の今後の課題
・被虐待児の増加や人権侵害、PTSD・LD・DV・ADHDなど、社会ニーズの変化や個人情報保護法等について考察する(法制度などについてまとめておく)
準備学習  養護児童への正しい理解を深めることは、社会的養護を学ぶ上で大変重要である。家庭の役割と機能や家庭的養護・社会的養護について事前学習し、学習内容の充実を図って来る必要がある。
・生活保護法、里親制度等について調べてくる
・児童相談所の役割について調べてくる
・専門性とチームワークの必要性について自分の考えをまとめておく
評価の方法・観点 筆記試験(70%)、レポート提出、授業中の発表力・事前学習など(30%)の総合評価とする。
メッセージ 児童問題は複雑多様化している。家庭養護・社会養護・子どもの最善の利益について学習を深めて欲しい