本文へジャンプ
幼児教育学科のシラバス


保育原理(専門教育)

担当教員  岩野 布美子
授業形態・単位等 講義、2単位
授業の概要  ・現代社会の中で求められる「保育の意義」について理解を深める
・保育所保育指針のねらいを理解し、保育実践との整合性について理解を深める
・保育の質や内容、モデルとなる保育者の姿が、子どもへの影響を与える事を知る
学生の到達目標  ・講義、保育事例検討、観察実習体験を通し、保育の理念及び集団生活の意義を知ると共に、家庭と保育園の子育ての共有が乳幼児の健やかな成長を促す事を説明できる。
・乳幼児の年齢ごとの発達過程とその特徴を表す保育専門用語について説明できる。
・保育者に求められる専門性や倫理観を知り、社会に貢献する専門職としての意識の向上と保育援助技術の向上に向けて努力することが出来る。
授業計画 1.オリエンテーション(保育原理のねらいについて)
2.第1章 保育の本質 保育の意義
3. 保育の場としての集団、保育の場としての家庭
4.第2章 乳幼児の理解(生涯発達における乳幼児期の意義)
乳幼児の心とからだの発達特性
5.第3章 保育の歴史( 子どもの発見 )
6.    世界の保育の歴史、日本の保育の歴史
7.第4章 保育の目的(日本の戦前、戦後の保育の歴史 )
8.     1~4章の振り返りとまとめ、中間テスト
9.第5章 保育のねらいと内容 ( 保育内容の意義、歴史的変遷)
     幼稚園教育要領、及び、保育所保育指針の改定
10.第6章 保育方法の原理、保育の形態とこどもの活動
11.    遊びがもたらす創造的な体験
12.第7章 保育の環境(子どもを取り巻く環境の変化、保育者という環境)
13.第8章 教育課程・保育課程(指導計画・評価・改善)
14.第9章 保育者の専門性、保育者の倫理観、
15.    5~9章の振り返り、期末テスト
16.まとめ、現代の保育の課題(多様なニーズへの対応)
      
準備学習 ・テキストの予習、復習
・子育て家庭及び地域社会における多様な保育ニーズ、子育て環境の変化や課題を、新聞・TV・インターネット等から読み取り、子育ての背景について理解を深める。
・絵本、昔話、伝承的な日本の遊びの魅力に親しみ、練習を実践し、保育技術を深める
評価の方法・観点 ・中期テスト、期末テストの成績(筆記試験) 90%
・テーマ別レポート 10%  
メッセージ ・ひとりひとりの子どもの思いにしっかりと向き合い・適切な援助ができる保育者を目指してほしい