本文へジャンプ
幼児教育学科のシラバス


地域福祉(専門教育)

担当教員  西塔 正一
授業形態・単位等 講義、2単位
授業の概要   「社会福祉法」(2000)の制定によって、地域福祉の推進は、わが国社会福祉諸施策の基調となった。その社会的歴史的背景、地域福祉の理論と具体的内容・構成、地域福祉サービスの展開、福祉コミュニティの創造や課題などを考察し、保育者の新しいアプローチの視点を理解する。
学生の到達目標  1.現代の地域福祉の意義(理念)と役割を説明できる。
2.日本の地域福祉の歴史過程と展開において、最近の動向を述べることができる。
3.地域福祉の理論や地域福祉のサービス体系を整理し、説明できる。
4.社会福祉職の保育士として、地域福祉の方法論を修得できる。
授業計画 1.地域福祉の志向1(オリエンテーション、社会福祉と地域福祉)
2.3.地域福祉の志向2(欧米の地域福祉、日本の地域福祉)
4.~6.地域福祉の考え方(地域福祉の理論、内容と構成要素、課題)
7.~9.地域福祉のサービス体系(在宅福祉、施設福祉サービス、ネットワークなど)
10.~13.福祉コミュニティの創造(住民参加とボランティア、予防、環境改善、福祉教育、社会資源、行政と民間、地域における自立生活支援システムなど)
14.15.釧路市における地域福祉計画と実践計画(釧路市、釧路市社会福祉協議会編)
16.採点とまとめ
準備学習 事前に資料などを配付するので、予習をすること。
評価の方法・観点  試験規程に則り、定期試験で評価する(再試は1回)。なお履修者が少数の場合、レポート報告で評価する。
メッセージ フィールド学習もあります(地域福祉の関連機関、団体など)