本文へジャンプ
幼児教育学科のシラバス


児童家庭福祉(専門教育)

担当教員  浜尾 勇貴
授業形態・単位等 講義、2単位
授業の概要  1.児童の最善の利益に配慮した保育と養育者に寄り添い支援できる保育観、支援観を身につける。
2.少子・高齢化社会における、日本の未来を担う児童の健全育成や地域の実情について、子育て支援を含む社会的養護の拡大と重要性、多様化する保育士等の役割と専門性を理解する。
3.多岐にわたる子育て支援サービスと教育や他分野との連携が重要になっているなかで、地域の実情にあわせた子育て支援サービスが展開されていることを理解する。
4.貧困問題など子どもを育てる環境が変化しているなか、社会とニーズの変化に応じたサービスのあり方と地域における様々な地域連携の重要さを理解する。
5.制度を理解し生活の中での活用方法などを理解するとともに制度が変化していく背景を知る。
学生の到達目標  1.児童福祉の理念、意義、歴史的発展について理解できる
2.児童福祉における法と制度、機関、施設、費用等の実施体制について把握できる。
3.児童福祉施策と現状について、各分野の実態と課題を知り理解できる。
4.児童福祉の専門職と援助技術及び実践について、保育士の役割と関係機関の連携について理解できる。
5.児童の家族や関係者への相談支援についての基礎を身につける。
授業計画 1.現代社会と児童福祉
2.児童福祉の理念と児童福祉施策の理解
3.児童福祉の史的発展と背景
4.児童福祉制度・実施体制
5.児童健全育成
6.児童福祉と保育
7.児童自立支援
8.児童虐待・DV
9.ひとり家族の福祉
10.母子保健
11.障害児の福祉
12.非行・学校(教育)問題
13.児童福祉従事者と児童福祉専門職
14.援助活動の方法と実際
15.諸外国の動向と児童福祉の今日的課題。これまでの講義の振り返り
準備学習 新聞、テレビなどで報道されるニュースや身近な地域で起きていることに関心を持ち自分たちの生活がどのように変化しているかを考える。
世の中で起きていることが他人ごとではなく自分にも関係していることを意識する。
評価の方法・観点 1.定期試験
2.レポート、小課題
3.授業態度
メッセージ