本文へジャンプ
幼児教育学科のシラバス


相談援助(専門教育)

担当教員  西塔 正一
授業形態・単位等 演習、1単位
授業の概要   講義「社会福祉」で学習した社会福祉全般の知識をもとに、社会福祉(児童家庭福祉、保育など)の直接的な実践方法であるソーシャルワーク(社会福祉援助技術:相談援助)の価値、知識、種類、内容、技術を事例研究などを通して、修得する。また、今日の保育者が、ソーシャルワーク(相談援助など)を学ぶ必要性も理解する
学生の到達目標  1.今日の保育者が、なぜ相談援助の方法(ソーシャルワーク)を学習する必要があるのか、理解、説明ができる。
2.相談援助の方法の概要と技術について理解できる。
3.相談援助の方法の具体的展開(援助過程)について理解できる。
4.相談援助の面接方法、対人援助技術などについて、その基本を学び、具体的な事例分析を通じて対象の理解を深めることができる。
授業計画 1.オリエンテーション、社会福祉(保育、児童家庭福祉など)と相談援助
2.~5.相談援助の意義と原則(個人・集団・地域への相談援助などの歴史、定義と原則)
6.~9.相談援助の方法と技術(個人・集団・地域への相談援助の対象、過程、面接技術など)
10.~13.相談援助の具体的展開(計画・記録・評価、社会資源、関係機関・専門職との連携など)
14.~16.事例分析(保護者との関係問題(保護者支援)、虐待、障がいなどの事例分析)
17.採点とまとめ
準備学習  毎日の新聞、テレビなどで、虐待、障がい、社会的養護、家庭などの問題についてのニュースに関心を持ち、また新聞などでの切り抜きファイル作成を奨励します。
評価の方法・観点  試験規程に則り、試験(筆記)と課題レポートで評価する(詳細は、演習の開始時に説明する)。
メッセージ 今までの自分、現在の自分、これからの自分を自覚しながら受講して下さい