本文へジャンプ
幼児教育学科のシラバス


子どもの保健Ⅲ(専門教育)

担当教員  吉田 幸子
授業形態・単位等 演習、1単位
授業の概要   子どもの健康にかかわる保健活動や疾病・予防及びその対応について学習し、かつ実践できる具体的方法について学ぶ。
従って次のような目的で講義・演習を行う。
1.子どもの心身の健康増進を図る保健活動の必要性を学ぶ。
2.子どもの心身の発育・発達を促し、疾病とその予防・対応について学ぶ。
3.社会における心の健康問題・地域保健活動・事故防止・安全管理を考える。
学生の到達目標  1.子どもの健康・安全に係る保健活動について理解できる。
2.子どもの健康増進及び心身の発育・発達に係る環境を理解できる。
3.子どもの疾病とその予防及び対応について理解できる。
4.救急時の対応や事故防止・安全管理について理解できる。
5.現代社会における健康問題や地域保健活動について理解できる。
授業計画 1.2.子どもの健康及び保健活動
 1)子どもの健康の特性について
 2)子どもの健康状態の観察と記録
 3)子どもの身体計測及び生理機能の測定と評価
3.~5.子どもの保健と環境
 1)子どもの健康増進と保育環境
 2)子どもの生活習慣と心身の健康
 3)子どもの発達援助・養護
6.~9.子どもの疾病と適切な対応
 1)感染症の予防と対策
 2)よくおこる症状への対応
 3)病気への対応
 4)傷害が発生した場合の対応
 5)障害のある子どもへの適切な対応
10.~13.事故防止及び健康安全管理
 1)事故防止及び健康安全管理に関する組織的取組
 2)救急処置及び救急蘇生法の習得
 3)保育における看病と危機管理
 4)災害への備えと危機管理
14.15.心とからだの健康問題と地域保健活動
 1)子どもの養育環境と心の健康問題
 2)心とからだの健康づくりと地域保健活動
16.試験
準備学習 新聞を読み、テレビ・ラジオのニュース等から子どもに関する情報収集をする。
自分自身の母子健康手帳から健康や保健に係る状況を把握する。
評価の方法・観点 試験70% 演習30%
メッセージ 最近のニュースや話題に関心を持って、保護者の心配している事に少しでも寄り添える保育者を目指しましょう