本文へジャンプ
幼児教育学科のシラバス


子どもの保健Ⅱ(専門教育)

担当教員  吉田 幸子
授業形態・単位等 講義、2単位
授業の概要   人間のライフサイクルの小児期は成長や発達において多様な時期である。
子どもの健康の特性を理解し望ましい発育や環境について考え支援しなければならない。
 従って次のような目的で講義をすすめる。 
1.子どもの心身の健康及び保健活動の意義を学ぶ。
2.子どもの身体発育や各種機能の発達について学ぶ。
3.子どもの疾病及びその対応、精神保育について学ぶ。
4.子どもを取り巻く環境について学ぶ。
学生の到達目標  1.子どもの心身の健康増進を図る保健活動の意義を理解できる。
2.子どもの身体発育や生理機能、運動機能、精神機能の発達と保健について理解できる。
3.子どもの疾病と予防及び適切な対応について理解できる。
4.子どもの精神保健とその課題について理解できる。
5.保育における環境及び衛生管理、安全管理について理解できる。
6.施設における子どもの健康及び安全体制について理解できる。
     1.2.3については、子どもの保健I前期で履修。
授業計画 1.子どもの定義と分類 保育の原理・目標 保健活動と保健計画及び指導計画
2.子どもの生活環境と精神保健 少子高齢化と少子化対策 家族関係・親の育児能力・育児環境 
3.子どもの心の健康とその課題 精神発達課題 マズローの欲求段階説 乳幼児期の精神保健
4.幼児期の行動に現れる問題と対応 乳幼児期の子供の発達において重視すべき課題
 小学校低学年・高学年の時期における子どもの発達において、重視すべき課題
5.学童期の精神保健 不登校・学業不振 いじめ 思春期の精神保健と主な問題行動
6.摂食障害 ひきこもり 家庭内暴力 うつ病 人格障害などに対する対応 
7.虐待について 発達障害 精神遅滞
8.広汎性発達障害 自閉症 アスペルガー症候群  注意欠陥多動性障害  学習障害
9.保育現場における衛生管理 室内・屋外の 環境及び衛生管理並びに安全管理
10.保育現場の事故防止と安全対策 年齢別事故内容の理由 事故防止対策
11.誤嚥・誤飲の基本的知識と応急処置 
12.保育現場の危機管理 主な母子保健対策と保育 乳幼児健診 妊婦健診 保健指導 
13.乳幼児が罹患する感染症 ウイルス性胃腸炎・インフルエンザの原因と予防及び対応
14.発熱を伴う疾患と発熱時の対応 成長に伴う感染症の頻度と変化 けいれん対応
15.定期試験
16.まとめ
準備学習 新聞 テレビ ラジオのニュースなどに関心を持ち小児保健対策についての情報を得ること。
評価の方法・観点 筆記試験で評価  100%
メッセージ 最近のニュースや話題に関心を持って、保護者の心配している事に少しでも寄り添える保育者を目指しましょう