本文へジャンプ
幼児教育学科のシラバス


子どもの保健Ⅰ(専門教育)

担当教員  藤原 洋子
授業形態・単位等 講義、2単位
授業の概要  人間のライフサークルの小児期は成長や発達において多様な時期である。
子どもの健康の特性を理解し望ましい成長や環境について考え支援しなければならない。従って次のような目的で、講義を進める。
1.子どもの心身の健康及び保健活動の意義を学ぶ。
2.子どもの心身発達や各種機能の発達について学ぶ。
3.子どもの疾患及びその対処、精神保健について学ぶ。
4.子どもを取りまく環境について学ぶ。
学生の到達目標  1.子どもの心身の健康増進を図る保健活動の意義を理解できる。
2.子どもの心身発育や生理機能、運動機能、精神機能の発達と保健について理解できる。
3.子どもの疾患と予防及び適切な対処について理解できる。
授業計画 1.オリエンテーション
 科目説明(概要・到達目的・授業計画・準備学習・評価の方法や観点など)
 子どもの健康と保健の意味・生命保持との情緒の安定に係る保健活動の意義・子どもの健康概念と健康指標
2.子どもの発育・発達
 ・生物としての人の成り立ち・発育期の区分・発育、発達の経過と速度
 ・発育の原則・形態的成長(新生児、乳児期、幼児期、思春期の身体発達)
 ・身体発育と評価 
3.第1章、第2章のまとめ(設問)
 生理機能の発達
 ・呼吸機能・循環機能
4.生理機能の発達
 ・免疫機能・消化機能・尿排泄機能・水分代謝・体温調節
5.生理機能の発達
 ・内分泌機能・睡眠リズム・感覚機能
6.生理機能の発達
 ・精神機能・神経機能・精神発達の評価法
7.生理機能の発達
 ・情緒、行動発達・第3章まとめ(設問)
 小児の主な病気
 ・小児の病気の特徴・感染症の分類・日本の定期、任意予防接種スケジュール
8.小児の主な病気
 ・感染症ーウイルス性感染
9.小児の主な病気
 ・感染症ー細菌感染・寄生虫
10.小児の主な病気
 ・先天異常・薬物、科学物質による胎児への影響
11.小児の主な病気
 ・アレルギーの起こり方・アレルギー性疾患・食物アレルギー
12.小児の主な病気
 ・消化器疾患・呼吸器疾患
13.小児の主な病気
 ・循環器疾患・血液系の疾患
 ・悪性腫瘍であった子、である子が入園してきた場合・神神系疾患
14.小児の主な病気
 ・泌尿器および生殖器の疾患・皮膚科の疾患・眼、耳の疾患・整形外科の疾患
15.小児の主な病気
 ・内分泌・代謝性疾患・人畜共通感染症、ペットからの感染
 ・乳幼児突然死症候群(SIDS)
 ・第4章のまとめ
16.定期試験
17.講評とまとめ
準備学習 社会の動きを把握すること。特に、新聞を読み、子どもに関する情報を積極的に得ることが必要である。
評価の方法・観点 筆記試験で評価100%
メッセージ