本文へジャンプ
幼児教育学科のシラバス


幼児体育Ⅱ(専門教育)

担当教員  長津 詩織
授業形態・単位等 演習、1単位
授業の概要  1.幼児の成長・発達段階に合わせた遊びや運動の特徴を理解する。
2.保育実践において必要な身体運動に関する基本的知識や技能を習得する。
3.対象に合わせた指導プログラムをたて指導ができるよう、それぞれの種目について基本動作を習得し技能を高める。
4.運動遊びにおける安全教育について認識する。
学生の到達目標  1.道具や用具の特性を理解し、対象に合わせた運動遊びへの応用ができる。
2.発達の特性に応じた運動遊びを選択し実施できる。
3.安全に配慮して運動遊びを実施できる。
授業計画 1.オリエンテーション
2.幼児期に適した運動遊びの理解
3.~8.用具を用いた幼児期の運動遊びの実施と展開
9.~11.幼児期に適した運動遊びの演習
12~14.地域特性を活かした野外活動
15.まとめ

それぞれの実施回数は受講者数によって多少前後します
準備学習 1.幼稚園および保育所の実習時に運動遊びの実践と、保育者の役割をよく観察し、振り返っておく。
2.『幼児期運動指針』等を読み、子どもの身体的な発達段階を再確認する。
3.幼児向けの運動遊びの資料を収集する。
評価の方法・観点 受講態度 70%
演習   30%
メッセージ 自ら楽しく身体を動かし、子どものための運動遊びに必要なことを考えていきましょう。