本文へジャンプ
幼児教育学科のシラバス


幼児体育Ⅰ(専門教育)

担当教員  長津 詩織・笹田 三恵子
授業形態・単位等 演習、1単位
授業の概要  1.幼児の成長発達段階による遊びや運動の特徴を理解する。
2.保育実践において必要な身体運動に関する基本的な知識や技能を習得する。
3.対象に合わせた指導プログラムをたて実施できるよう、それぞれの内容について基本を習得し技能を高める。
4.運動遊びにおける安全教育について認識する。
学生の到達目標  1.幼児期の運動遊びの意義とねらいを説明できる。
2.発達の特性に応じた運動遊びを選択し実施できる。
3.リズム体操では音楽にあった正確な動作と対面および背面指導ができる。
4.幼児のリズム体操を創作し発表できる。
5.リズム体操発表の振り返りにより自己の課題を確立できる。
授業計画 1.オリエンテーション
2.~5.幼児向けリズム体操の実施
6.~7.幼児向けリズム体操指導の演習
8.~9.幼児向けリズム体操の創作
10.幼児向けリズム体操の発表
11.幼児向けリズム体操の反省、まとめ
12.~15.幼児の発達に適した運動遊びの実施
準備学習 ・保育現場で実施されるリズム体操の内容と意義を調べる。
・幼児の発達に適した運動の特徴と、運動遊びの内容を調べる。
評価の方法・観点 授業への取り組み 10%
実技発表     70%
ミニレポート   20%
メッセージ 自ら楽しく身体を動かし、子どものための運動遊びに必要なことを考えていきましょう。