本文へジャンプ
幼児教育学科のシラバス


図画工作Ⅰ(専門教育)

担当教員  生駒 英法
授業形態・単位等 演習、1単位
授業の概要  1.保育士及び幼稚園教諭のための、図画工作の基礎的な実践を行う。
2.基本的な内容として、立体的な作品を製作し、その技能や知識を培う。
3.実践的活動は、自ら表現する喜びを味わい、個性を生かした活動をめざす。
学生の到達目標  1.個性を生かした自己表現を通して、図画工作の指導法を幼児の立場になって培うことができる。
2.図画工作の基礎を身につけ、楽しく、面白く、体験し表現できる。
3.図画工作が幼児の表現の単なる延長ではなく、目的を達成するために困難を克服できる。
授業計画 1.オリエンテーション
 授業紹介、新聞紙で作るおもちゃ製作
2.子どもの絵の世界について(講義)
 子どもの絵の発達について学ぶ
3.粘土で製作1(演習)
 思い出ボックス製作1週目
4.粘土で製作2(演習)
 思い出ボックス製作2週目
5.粘土で製作3(演習)
 思い出ボックス製作3週目
6.触感教材演習(演習)
 スライム製作
7.触感教材演習(演習)
 小麦粉粘土製作
8.立体迷路製作1(演習)
 グループで1つの作品を製作
9.立体迷路製作2(演習)
 グループで1つの作品を製作
10.立体迷路製作3(演習)
 グループで1つの作品を製作・鑑賞
11.廃材を使用して製作1
 人形製作1週目
12.廃材を使用して製作2
 人形製作2週目
13.子どものおもちゃ製作1(演習)
14.子どものおもちゃ製作2(演習)
15.総括・まとめ
準備学習 1.授業内容の予告を聞き、表現のイメージを必ず描くように準備する。
2.授業で使用する材料、準備物の用意をする。
評価の方法・観点 作品提出                      50%
取り組む姿勢(忘れ物、提出期限の遅れ等減点対象)  30%
レポート提出                    20%
メッセージ 主に立体作品を製作します。楽しく表現することを学びましょう。