本文へジャンプ
幼児教育学科のシラバス


音楽Ⅱ(専門教育)

担当教員  進藤 信子・鎌田 敦子・中村 暁子・笠原 茂子・田中 英里
授業形態・単位等 演習、1単位
授業の概要  目的は、音楽Iで学んだ基礎的な技術をさらに高め、実習の準備として表現力を高めること。また、就職試験も視野に入れて、規模の大きな表現力を必要とする曲にも取り組む。
継続した努力、練習時間をとることを目標にする。
学生の到達目標  基本的な技術をさらに高め、曲想またフレーズを感じて演奏表現できる。
細かい技術も身に付け、さらに表現力を実感できる。
練習記録を工夫して、自己の演奏の向上に役立つように記録できる。
練習を継続する意味を考えることができ、技術の進歩について可視化出来る。
授業計画 1.オリエンテーション
2.~9.音楽1の課題より長い曲も増えるため、譜読みの時間も丁寧に細かな部分練習をする。
10.~15.課題に合わせて、細かく丁寧に演奏できそのうえ、感情の表現にも配慮し、聞いてもらう人に、自分の演奏を伝えることが出来るようになる
16.学生と担当教員の前で発表会形式で、ピアノ独奏の試験をする
準備学習 毎日の練習方法の工夫と時間の蓄積が大切になる。
特に長い曲に取り組むためには、練習内容も工夫が必要になる。
準備学習は、上達には欠かせない。
評価の方法・観点 練習記録30点
実技発表70点
メッセージ 努力の継続が力です