本文へジャンプ
幼児教育学科のシラバス


音楽Ⅰ(専門教育)

担当教員  進藤 信子・鎌田 敦子・中村 暁子・笠原 茂子・田中 英里
授業形態・単位等 演習、1単位
授業の概要  目的は、広く幼児教育の知識と技術を身に付けるためにこどもたちの様々な音楽活動を楽しく、また、情操を育めることが出来るように演奏の基礎を学び音楽活動に必要な表現が出来るようにすること。
学生の到達目標  1.音符・休符の長さを正しく感じて演奏できる。
2.楽譜を正確に把握して不得意なところも集中して練習できる。
3.練習課題を的確に記録して、技術を確実に向上できる。
4.目標を具体的に、練習の成果が可視化できる。
授業計画 1.オリエンテーション
2.~4.基礎練習
5.~8.フレージングについて理解、題名にイメージを載せてみる
9.10.弾き歌いの導入曲に挑戦
11.バイエル教則本の中から簡単な曲に挑戦
12.繰り返し記号、付点のリズムにも慣れる
13.強弱・曲想にも配慮して弾く
14.15.発表会形式での試験曲を決め、人前での演奏に備える
16.1年全員学生とお互いに聴きあって演奏する
準備学習 練習は日課にする。
練習記録表に記入して、練習の効率を向上する。
毎日の到達度を設定。
評価の方法・観点 練習記録表の記録及び、時間数により30点(記録内容、時間の不足で減点)
合同の発表会で担当教員の採点を平均化
メッセージ 初心者も努力次第