本文へジャンプ
幼児教育学科のシラバス


中国語(一般教育)

担当教員  田 野
授業形態・単位等 演習、2単位
授業の概要   学生の中国語に対する興味を湧かせることを前提にし、発音記号をしっかり習得させ、日常生活及び学生生活の中でもよく使われる表現を学習する。リスニング、スピーキングを主体として日常会話の練習を行う。また、中国の文化の理解を深めることは、国際的な社会人として必要である。日本との歴史的関係、文化的相違や、現代における日本との関係ついて学習し、中国文化への理解を深めることを目的とする。
学生の到達目標  ローマ字ピンイン(発音記号)と声調を正しく発音することができ、簡単な自己紹介と簡単会話ができ、簡単な文章を読むことができる。自分で考えて文章を作れる。文法が理解し、正確に書ける。
授業計画 1.ガイダンス:中国語と中国文化について説明。
2.発音・簡体字・声調変化:普通話、簡体字、発音声調変化、日中挨拶の違い、子音を学び、人称 代名詞を用い、身近な人を簡単に紹介する。
3.子音と人称代名詞:名前などの中国語の呼び方と書き方を使いこなす。
4.指示代名詞と疑問詞:指示代詞と疑問詞‘何’を使って、身の回りのものを表現する。
5.‘是’構文と助詞‘有’:これ(あれ)は~です。中国語の基本的な文法を理解する。
6.中国文化:中国の概況を理解し,紫禁城と万里の長城について紹介する。
7.数の表現と助数詞 :数字の読み方を覚える。複数指示代詞の使い方
8.月日と曜日と時刻の表現 :数字,月日,時刻を用いた表現する
9.自己紹介 :自分の名字、名前などを相手に紹介する。
10.‘了’の用法 :動作が完了したことを表現する。
11.中国文化 :縁起の良いもの/悪いものの日中比較をする。
12.助詞‘か’と‘は’およびその区別を勉強、使いこなす。
13.‘几’ と‘多少’:‘几’ と‘多少’の区別を勉強、使えるようになります。数を尋ねる疑問文を作る。
14.助詞‘有’の使い方:‘有’を用いて、自分の持っているものを表現する。
15.中国経済:中国の企業について知り,概略を説明する。
16.‘有’と‘在’の用法 :前置詞‘有’ と‘在’を用いて場所や所有関係を表現する。
17.復習:これまで勉強した内容をまとめ復習。
18.助数詞:助数詞の用法それぞれの勉強し、家族やクラスの人数を尋ねる。
19.自己紹介:自分の情報を簡単に相手に紹介する。
20.‘に’と‘から’の用法:「~から~まで」を表現する。
21.家族を紹介する:相手の家族について尋ね,自分の家族について話す。
22.一日の行動:一日の行動について会話で表現する。
23.‘得’と‘給’の用法:‘得’を用いて「~しなければならない」を表現する。 ‘給’を用いて「~をあげる」「~をくれる」が表現する。
24.中国文化: 中国の教育事情と人口問題,漢字文化,食文化について理解する。
25.‘会’‘能’ ‘可以’の用法:《できる三兄弟》の使い方が理解する。
26.持続の表現 :持続の表現する。
27.‘来’と‘ 去’の用法:「~しに来る」「~しに行く」が表現する。
28.日本企業の海外進出: 日本企業の海外進出について理解する。
29.比較の表現:「◇◇は△△より~~だ」を表現する。
30.復習:まとめと復習
準備学習 授業中は積極的に参加すること。ノートを取ることは必須です。予習と復習が必要です。新出単語を予習した上で授業に臨む。勉強した内容を繰る返し復習して覚え、使いこなせるようになりましょう。
評価の方法・観点 観点:定期試験100%、60点以上であれば合格とする。自由提出のレポート、授業に臨む態度を評価点として+10点(評価点は100点まで)の範囲で加味する。60点未満の者には再試験を行い、60点以上を合格とする。ただし、再試験の場合は、最終評価は60点である。
メッセージ 中国の文化、歴史、経済なども理解してもらえるように進めるつもり。皆さん、中国語の授業で会いましょう。