本文へジャンプ
生活科学科食物栄養専攻のシラバス


給食実務校外実習(資格専門)

担当教員  前田 凉子
授業形態・単位等 実習、3単位
授業の概要  給食の運営における栄養士の基本的業務(給食費、献立作成、材料発注、食数管理、調理作業、配膳など)を実際の業務環境において体得し、学内で学習した知識と技術を統合する。
学生の到達目標  1.法律に則った給食運営のありかたを説明できる。
2.衛生管理の具体的手法を実践できる。
3.特定給食施設における大量調理と不特定多数対象の調理の違いを説明できる。
4.大量調理における献立作成と食材料発注ができる。
5.栄養士、管理栄養士および調理作業者の役割と立場を認識し、説明できる。
6.実習で体得したことを、他者に分かりやすく説明できる。
7.直営給食と委託給食の運営方式のちがいを説明できる。
授業計画 実習先希望調査、実習先発表、個人面談、必要書類作成、実習生心得、専門基礎知識筆記試験、包丁技術試験、学外講師らによる特別講義、実習先との事前打ち合わせ、自主課題への取り組み、実習(10日間)、実習ノート仮提出・返却、実習報告会準備、実習報告会、実習ノート最終提出
準備学習 これまでに履修した全ての科目をよく復習すること。
評価の方法・観点 1.実習先による評価50%、担当教員による評価50%。
2.給食実務校外実習に関する内規に従う。
3.単位認定試験規程第2条4を適用する。
メッセージ 総合力が試され、また身につきます。