本文へジャンプ
生活科学科食物栄養専攻のシラバス


フードマーケティング論(専門教育)

担当教員  田丸 典彦
授業形態・単位等 講義、2単位
授業の概要   現代日本の食生活は豊かにはなったが、食については常に様々な問題が生じている。このような中で食の専門家となるため、特に流通を中心に基本知識を定着させるとともに、食料生産や消費についても関連を理解し、さらに環境問題の中で食を位置づけることができる。
学生の到達目標   食については、安全性、価格の変動、地域食材の利用など実に様々分野からマスコミ等が報じている。このような食に関する多種、多様な事項について常に興味と関心を持ち、食の専門家を目指すものとして、知識を蓄え自らの考えを述べることができる    

授業計画 1.オリエンテーション
授業内容の概要を話し、テキストとレポート課題についての説明をする。次ぎに、個々の学生から食料問題についての興味と関心を書いてもらい、食の問題点を話し合い整理する。
2.食料生産の概略史を講義する
3.これよりテキスト中心の講義となる。
内食、中食、外食などの食生活の変化
4.コメの消費減少や加工食品の増加などの食品消費の変化
5.現代食生活の多様化とフードマーケティング
6.卸売市場などの中間流通
7.家庭内食とスーパーマーケット
8.外食産業とチェーンストア
9.中食産業とコンビニエンスストア
10.環境問題とフード関連産業 
11.食品の安全性
12.食料自給率
13.BSE、有機栽培など食に関わる個別事項の検討
14.供給過剰時代の食生活の現状と将来
15.論述試験
なお、授業の進行状況によって、食料生産や流通に関わる現場の見学を行う。
準備学習 1.テキストについては普通学習をと同様に、予習と復習をすること。
2.新聞報道の食に関わる出来事は注意を払い、よく読んでおくこと。授業で取り上げて論じます。
3.食に関わる事項のうち、関心のある事柄については日頃から勉強しておくこと。レポートや論述テストに生かすことができる。
評価の方法・観点 試験    40%  
レポート  40%  課題レポートを提出。
授業参加  20%  質疑応答、相互の意見発表など、授業への積極的参加を評価する。
メッセージ 食の専門家を目指すという目的意識を持って、好奇心と感性を磨いてほしい。