本文へジャンプ
生活科学科食物栄養専攻のシラバス


フードコーディネート論(専門教育)

担当教員  佐々木 可奈恵
授業形態・単位等 講義、2単位
授業の概要  食に関係する場を広範に捉え、業務として役立つ「フードコーディネート」の知識・技術を学ぶ。対象とする場は、メニュープランニング、食卓、食空間、店舗経営、各種催事など多岐にわたる。また、おいしさの本質や食の文化などについて理解する。
学生の到達目標  1.フードコーディネートの基礎知識を説明できる
2.ホスピタリティーある「食」を作りだす基本的マナーやサービスの基本が理解でき、実践できる
3.色彩、快適な食空間をトータルにコーディネートできる基本が身につく
授業計画 1.オリエンテーション(授業概要、授業計画、評価の方法など)
 フードコーディネートの基本理念 おいしさにかかわる要因(講義)
2.食事の文化、日本の食事の歴史(講義)
3.日本の食卓のコーディネート(講義)
4.外国の料理1
 中国料理の食卓のコーディネート(講義)
5.外国の料理2
 西洋料理の食卓のコーディネート(講義)
6.食卓のサービスとマナー1(講義)
 日本料理のサービスとマナー
7.料理撮影のコツ(演習)
 プロカメラマンによる料理撮影実践指導
8.食卓のサービスとマナー(講義)
 中国、西洋料理のサービスとマナー、プロトコル
9.メニュープランニングの要件(講義)
10.料理様式とメニュー開発の基礎(講義)
11.食空間コーディネート(講義)
12.フードマネジメントの基本(講義)
13.食企画の実践コーディネート(講義)
14.レストランプロデュース(演習)
15.食事マナー実践(演習)
準備学習 テキストや配布資料をよく読んでおくこと。
日頃から食のトレンドやニーズに関する情報に関心をもつこと。
評価の方法・観点 レポート100%
メッセージ 心地よい食空間と美味しい食べ物を提供するための方法を常に意識しましょう