本文へジャンプ
生活科学科食物栄養専攻のシラバス


情報機器演習(専門教育)

担当教員  坂田 澄雄
授業形態・単位等 演習、1単位
授業の概要  コンピュータなどの情報機器を使って情報の作成・入手、加工・処理、発信・伝達の技能を身につけることが、日常生活、民間企業での業務、公務的業務を問わず必要になってきています。コンピュータの操作技術はもはや必須ですがそれだけでは通用しません。コンピュータを利用する側の能力も要求されています。
 本演習では、コンピュータの操作技術とともに代表的な表計算ソフトであるEXCELを中心にして文書作成力、情報処理力、プレゼンテーション力を得ることを目的とします。
学生の到達目標  基本的なアプリケーション(ワープロ:WORD、表計算:EXCEL、プレゼンテーション:POWER POINT)の基本的な使い方を習得することができる。そのうえで、
1.業務文書である社外・社内文書の違いを理解し作成することができる
2.単純集計や簡単なクロス集計ができ、その結果を表にまとめて表すことができる。
3.集計結果を考察しデータが持つ意味を理解できる。
4.情報を可視化して適切なプレゼンテーション資料を作成することができる。
授業計画 1.演習のオリエンテーション
EXCELの基本操作(1)
 四則演算、表の体裁、式 など
2.EXCELの基本操作(2)
 式のコピー(相対参照と絶対参照)など
3.EXCELの関数(1)
 数値を扱う関数
4.EXCELの関数(2)
 数値を扱う関数(2)
5.EXCELの関数(3)
 条件に一致するセルを数える(数値)
6.EXCELの関数(4)
 条件に一致するセルを数える(文字)
7.EXCELの関数(5)
 簡単な条件判断
8.EXCELの関数(6)
 複雑な条件判断
9.EXCELの関数(7)
 文字と文字列の処理
10.EXCELの関数(8)
 年月日と時間を扱う
11.EXCELでグラフを作成する(1)
12.EXCELでグラフを作成する(2)
13.仕事で使う文書を作成する(社内文書)
14.仕事で使う文書を作成する(社外文書)
15.コンピュータセキュリティとプレゼンテーション
準備学習 次回の講義予定に従って、自分で調べられる範囲で行いましょう。
評価の方法・観点 複数回のレポートを課して評価します。
メッセージ