本文へジャンプ
生活科学科食物栄養専攻のシラバス


給食実務演習(専門教育)

担当教員  山崎 美枝
授業形態・単位等 演習、1単位
授業の概要  学内の集団給食施設を使用して給食業務を行うことを前提に、食事の計画(plan)、検討・評価(see)について体験的に学ぶ。
学生の到達目標  1.給与計画を立てることができる
2.給与計画に基づき献立を作成できる
3.大量調理にあった調理作業計画を立てることができる
4.媒体により献立の情報を喫食者へわかりやすく伝達できる
5.予定献立に基づき発注表を作成し、業者へ発注できる
6.栄養出納表、栄養管理報告書を作成できる
7.アンケート調査により給食内容を評価できる
授業計画 1.給与計画(演習)
 給与栄養目標量の算出、 食品群別荷重平均成分表作成、食品構成表作成
2.3.献立計画(演習)
 献立の組み合わせ方、試作計画と検討、予定献立作成
4.5.調理作業計画、媒体等の作成(演習)
 調理方法・作業手順の検討
 献立のご案内作成
6.7.発注・出庫計画、アンケート調査内容計画、媒体等の作成 (演習)
 発注・検収簿の作成、検食簿の作成、記録用紙作成
 栄養価表示媒体作成、喫食時アンケート調査票の作成
8.9.調理作業工程、作業分担の確認と決定(演習)
 実習室における作業工程のシミュレーションと最終確認
10.~15.給食内容の評価(演習)
 実施献立栄養価計算、栄養素等摂取量表、食品群別摂取量表の作成
 給食日計表、栄養出納表、栄養管理報告書の作成
 喫食時アンケート調査集計とまとめ
  実施量から荷重平均食品成分表を作成
 給食実務の評価レポートの作成
準備学習 テキストで予習をする
課題プリントが配布されるので必ず期日までに仕上げ提出すること
献立作成に役立つレシピ等の資料収集
評価の方法・観点 提出物・媒体 100%
メッセージ 校内実習を題材に、給食実務の一連の流れと方法を実践的に学びましょう