本文へジャンプ
生活科学科食物栄養専攻のシラバス


調理学応用実習(専門教育)

担当教員  佐々木 可奈恵
授業形態・単位等 実習、1単位
授業の概要  講義科目である食品加工学の実技編としての位置づけも兼ねるため、食品加工実習の内容も含む。調理学入門実習、調理学基礎実習の応用科目であることから、喫食者の食満足を高めるための総合的な実践力と、食品の栄養特性や物性を理解した、安全で適切な調理技術の一層の向上をめざす。エゾシカ肉、サンマなど地域食材を活用した調理も実践する。
学生の到達目標  1.食品の栄養特性や物性を活かした調理ができる
2.和・洋・中の食文化に応じた献立構成、配膳や食事マナーを理解し実践できる
3.調理法や食材による栄養摂取量の変化が理解できる
4.調理加工上の衛生について理解し実践できる
5.効率よく調理を進めるための手順を組み立てることができる
6.地場食品の栄養特性や物性を活かした調理ができる
授業計画 1.オリエンテーション(授業概要、授業計画、評価の方法等)
 包丁研ぎ
2.地域食材活用調理1
 さんま料理
3.みそづくり
4.牛乳、乳製品を使った料理
5.ジャム、シロップづくり
6.いずしづくり
7.中華料理
 点心
8.豆腐、豆腐を使用した加工品づくり
9.寿司
10.11.うどん
12.地域食材活用調理2
エゾシカ料理
13.14.パン
15.災害時の食事
 備蓄缶詰を使用した防災食
準備学習 事前にプリントを配布するので、それを基にテキストを読み、食材の特徴や調理方法について調べておくこと
評価の方法・観点 実習への取り組み50%、レポート50%により評価
単位認定試験規定第2条4を適用する
メッセージ 様々なジャンルの食に挑戦しましょう